アダム・スミス /神の見えざる手

経済学者

 アダム・スミス(Adam Smith)とは、1723年にスコットランドで生まれた経済学者である。国富論を執筆し、経済学の出発点となった。

 その際に用いた「神の見えざる手」の表現は、現代でも市場メカニズムを表現する際にも利用される。

<業績>

  • 経済学の創始
  • 国富論の執筆

<経歴>

  • 1740年:オックスフォード大学入学
  • 1776年:国富論を発表