マクロ経済学

古典派の理論

1.供給に注目したマクロ経済モデル【古典派マクロ】

供給サイドからマクロ経済モデルを構築します。需要サイドのIS-LM分析とは異なります。
古典派の理論

2. 貨幣数量説とは【古典派マクロ】

古典派の貨幣モデルです。実物経済との分離が特徴です。
古典派の理論

3. 財政金融政策はいらない【古典派マクロ】

古典派の財政金融政策に対する立場を解説します。IS-LM分析での結論と対称的です。
IS-LM分析

1.IS-LM分析の意義と批判

IS-LM分析には意義と批判の両面が存在します。
IS-LM分析

2. 45度線分析 / 国民所得はどう決定するか?

45度線分析では、需要が国民所得を決定する原理を理解できます。
IS-LM分析

3. 流動性選好説/ 利子率はどう決定するか?

投機家がいる貨幣市場で、利子率が決定する様子を理解できます。
IS-LM分析

4. IS曲線とは/ 財市場の均衡をグラフ化する

財市場が均衡する利子率と国民所得を図示します。
IS-LM分析

5. LM曲線とは / 貨幣市場の均衡をグラフ化する

貨幣市場が均衡する利子率と国民所得を図示します。
ソロー・モデル

1.ソロー・モデルの意義と批判

ソロー・モデルには意義と批判の両面があります。
IS-LM分析

6. IS-LMモデル/ 需要に注目したマクロ経済モデル

財市場と貨幣市場から総需要が決まり、国民所得が決まる様子を理解できます。
タイトルとURLをコピーしました