消費者理論

消費者理論

1.合理的な消費者とは?【消費者理論】

経済学でいう「合理的な人間」とは何かを説明します。
消費者理論

2.消費者理論の意義と批判【消費者理論】

消費者理論を、独善的な価値の本質論を回避し、価値観の多様性を認めた哲学として評価します。
消費者理論

3.予算制約下での効用最大化【消費者理論】

人間行動を、制約条件の中で満足を最大にする行動と解釈します。
消費者理論

4.効用水準下での支出最小化【消費者理論】

同じ満足なら代償をできるだけ減らそうとする行動原理をモデル化します。
消費者理論

5.代替効果と所得効果【消費者理論】

価格変化が需要に与える影響を2つに分解します。
消費者理論

6.貯蓄はどう決めるべきか?【消費者理論】

貯蓄を未来の消費とみなし、異時点間の最適消費問題としてモデル化します。
消費者理論

7.どれくらい労働すべきか?【消費者理論】

不快な労働をなぜするのかについて、消費と余暇の選択問題としてモデル化します。
消費者理論

8.消費者にとってどんな社会がよいのか【消費者理論】

消費者にとって計画経済と市場経済のどちらがいいのか議論します。
消費者理論

効用最大化から需要関数を導出する!【消費者理論】

コブ=ダグラス型効用関数から需要関数を導出します。
タイトルとURLをコピーしました