思考法

全体最適

人々にとって望ましい社会ならば、パレート効率性は達成されているのか?

要約  人々にとって望ましい社会ならば、パレート効率性は達成されています。パレート効率性は、望ましい社会の必要条件です。  パレート効率性とは「ある集団が、1つの社会状態を選択するとき、集団内の誰かの満足度を犠牲にしな...
回帰モデル

多項ロジスティック回帰モデルとは何か?

要約  多項ロジスティック回帰モデルとは、目的変数Yが複数の選択肢のうち、どれになるのかを説明するモデルです。説明変数Xによって、選択肢をとる確率が変わるモデルです。  例えば、下図の多項ロジスティック回帰モデルもあり...
回帰モデル

ロジスティック回帰モデルとは何か?

ロジスティック回帰モデルについて解説します。定義(潜在変数、確率、ロジット関数)、期待値の予測、限界効果について説明します。付録には、オッズ比、平均的限界効果、R言語でのコードについて載せました。
回帰分析

単回帰分析のt検定で何がわかるのか?

単回帰分析で実行するt検定はどう解釈すべきでしょうか? t値やP値、前提とする仮定について詳しくわかりやすく解説します。
ことば

【しまうま総研】論理的な思考をどう実現するか?

しまうま総研で用いている思考法と文章構成について
回帰分析

単回帰分析における最小二乗推定量は、漸近正規性をもつのか?

 サンプル・サイズが大きいとき、ゆるい条件で、最小二乗推定量が正規分布に従うことを説明します。  シミュレーションによる図解もあります。 要約 (1)問い  サンプル・サイズnが大きいとき、最小二乗...
統計学

中心極限定理は何がすごいのか?

 中心極限定理(central limit theorem、略称:CLT)のすごさについて説明します。 要約 (1)問い  中心極限定理は、すごいのでしょうか? (2)結論  ...
回帰分析

回帰分析において不均一分散に頑健な標準誤差を用いるべきか?

要約  回帰分析では、不均一分散に頑健な標準誤差を用いるべきです。  なぜなら、誤差項が不均一分散でも、不均一分散に頑健な標準誤差(赤)は、標本回帰係数の標準偏差(黒)を一致性を持って推定できま...
回帰モデル

単回帰モデルとは何か?

要約  単回帰モデルとは、説明変数Xによって目的変数Yが大まかに決まるモデルの一つです。例えば、下図があります。 前提  問いを「単回帰モデルとは何か?」と設定します。  この記事で...
統計学

仮説検定のロジック

 仮説検定について、背理法と比較しながら説明します。 要約 (1)問い  仮説検定は、論理はどうなっているのか? (2)結論  仮説検定は、確率を用いた背理法と考えることができます。 ...
タイトルとURLをコピーしました