社会厚生の分析

社会厚生の分析

1.厚生経済学の第一基本定理【社会厚生】

市場均衡は最適な資源配分を実現するという定理です。
社会厚生の分析

2.消費者余剰とは【社会厚生】

市場取引で消費者が得られる便益を図示します。
社会厚生の分析

3.生産者余剰とは【社会厚生】

市場取引で企業が得られる便益を図示します。
社会厚生の分析

4.余剰分析/ 社会厚生を量的に測る【社会厚生】

市場取引で社会全体が得られる便益を図示し、市場経済が最適であることを証明します。
社会厚生の分析

5.厚生経済学の第二基本定理【社会厚生】

所得分配によって公平性を操作できるという定理です。
社会厚生の分析

6.公平性の確保 〜所得分配の正当性〜【社会厚生】

所得分配の正当性と経済学の限界を指摘します。
社会厚生の分析

7.市場の失敗とは【社会厚生】

理論的には市場経済は最適ですが、現実には上手くいかない原因を体系的に整理します。
社会厚生の分析

8.負の外部性にどう対処すべきか?【社会厚生】

市場取引に反映されない社会的コストがあると、市場均衡は最適から外れます。
社会厚生の分析

9.正の外部性にどう対処すべきか?【社会厚生】

市場取引に反映されない社会的ベネフィットがあると、市場均衡は最適から外れます。
社会厚生の分析

10.公共財の最適供給条件【社会厚生】

市場取引では供給がゼロとなる公共財を、どのように管理すべきかについて明確な解決策を提示します。