Pretender 【歌詞の意味・解釈】諦めきれない高嶺の花

音楽ラジオ
しまうま

Official髭男dismさんの「Pretender」。
高嶺の花を諦められない男の歌だ。

1. Pretenderプリテンダーとは?

 PretenderはOfficial髭男dismが2019年5月にリリースした曲。

 「Pretender」でヒゲダンブームを巻き起こし、2019年NHK紅白歌合戦出場を決めた。

 ミュージックビデオの撮影場所は台湾。電影院とは中国語で映画館のこと。曲の原題は「グッバイロマンス」。

2. 歌詞の意味

恋愛以上・失恋未満の辛い気持ちを歌った曲だ

いざ始まれば ひとり芝居だ

 冒頭の「ラブストーリーが、ひとり芝居であること」が重要な手がかりになる。

 主人公の男は、ある人のこと好きなんだ。だけど、相手からはナチュラルに相手にされてない。だから、彼の恋は、ひとり芝居にすぎない。

もっと違う世界線

でも、それをこの男は理性的に見てしまうんだよね。

 相手と自分が釣り合わないからって諦めちゃう。だから、

もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった

もっと違う性格で もっと違う価値観で愛を伝えられたらいいな

藤原聡「Pretender」

って歌うんだ。

グッバイ

 だから、自分の気持ちにキリをつけなきゃいけない。それが「グッバイ」だ。

 「別れる」って意味じゃ無いよ。そもそも、付き合ってないし。「グッバイ」は、「好きって気持ちを手放す」って意味だ。

え〜せつない

僕にとって君は何?

 しかし、彼も人間なんだ。理性とココロは違う。

 「僕にとって君は何?」の答えは、

  • ココロにとっては「好きな人」
  • 理性にとっては「なんでもないタダの知り合い」

 けれど、ココロは理性に勝る。結局、彼は「なんでもないタダの知り合い」と思ってるフリ(英訳:pretend)しかできない。

君は綺麗だ

 けれど、理性とココロに真っ二つにされ、絞り出したセリフがこれだ。

たったひとつ確かなことがあるとするのならば 

「君は綺麗だ」

藤原聡「Pretender」

 「好き」って言葉を禁じられた彼は、「綺麗」と言うことしか出来なかったんだ。

 綺麗って言う事は、好きじゃない人にもいえる「普通の知り合い」向けの言葉だ。

複雑なキモチ

 あとは、もうグチャグチャだよ。同じことの繰り返しだ。

  • 好きな子がいる
  • 釣り合わない自分がいる
  • 辛いから、好きって気持ちを隠したい自分がいる
  • だけど、やっぱり好きで「君は綺麗だ」としか言えない

 なんなら、最後は「と・て・も綺麗だ」。

 彼の諦めようとするが、諦められない恋が終わるのはまだ先だ。

3. 結論:恋愛以上・失恋未満

 彼にとってのゴールは、恋の成就じゃなくて恋の終わり。そういう恋愛以上、失恋未満の切なく辛い気持ちを歌ったのが「Pretender」なのだ。

結論は…

 Pretenderは、「好きじゃないふりをして、高嶺の花を諦めようとする草食系男子の恋」の歌なのだ。

 原題の「グッバイロマンス」との整合性もある。間違いない。

タイトルとURLをコピーしました