まちがいさがし【歌詞の意味・解釈】不完全な僕も人を愛す

音楽ラジオ

菅田将暉さんの「まちがいさがし」の歌詞の意味・解釈です。
不完全な「僕」が「君」への愛を歌う美しい詩です。

1. まちがいさがしと、菅田将暉と、米津玄師

 菅田将暉が2019年5月にリリースした「まちがいさがし」。

 作詞・作曲・プロデュースは米津玄師。キーは菅田将暉に合わせてある。なお、少し歌いづらいくらいの高さにあえて設定された。

 なお、菅田将暉は「まちがいさがし」で、2019年NHK紅白歌合戦出場が決定した。

2. 歌詞の意味

まちがいさがしの間違いの方に生まれてきた気でいた

 まちがいさがしは、似ている2枚の絵の違いをみつけるゲーム。正しい絵は理想を、まちがった絵は不完全な現実を意味する。

 「僕」は、不完全な自分に生まれたと思っている。だから、「間違いの方に生まれてきた」と歌う。

正解の方じゃきっと出会えなかった

 けれど、現実のすべては、不完全さの上に成り立っている。もし自分の顔がとても美しかったら、もし自分の知性が並外れていたら…

 今、好きな「君」との出会いもなかっただろう。 

君の目が貫いた 僕の胸をまっすぐ

 だから、僕は不完全さを受け入れて、「君」への愛を唄うんだ。

君の目が貫いた 僕の胸をまっすぐ

米津玄師「まちがいさがし」

 それがよくわかるのは、次の歌詞。

君の手が触れていた 指を重ね合わせ 間違いか正解かだなんてどうでもよかった

米津玄師「まちがいさがし」

 真っ直ぐな愛だ。君と手が触れているだけで、幸せを感じ、「自分の不完全さ」を忘れる。情熱的な愛だ。

 あとは、「不完全な自分」と「君への愛」をひたすら唄っていく。

3. 名曲の理由

もちろん、菅田将暉の身にせまる歌い方。これはめちゃくちゃ大きい。だけど、

 不完全な僕が君を愛すという詩は、「私じゃダメかも」という不安を抱きながら恋をする全ての人の完成形。

 だから、とてもリアリティーがある上に、美しい。これがこの曲が名曲となった理由だ。

4. 結論:盲目的なピュアな愛

 「まちがいさがし」は、自分の不完全さを忘れて、とってもピュアに人を愛する情熱的な詩だ。

 自分は完全じゃない。でも、君を愛す。

 とっても清々しい。ごちゃごちゃした頭に染み込んでいく。そんな名曲だ。

 なお、ヒゲダンのPretenderは、相手を高嶺の花と諦めてしまう草食系男子の歌で、真逆だ。→Pretender【歌詞の意味】はこちら

  • しまうま歌詞の意味シリーズ

タイトルとURLをコピーしました