日本の国内総生産(GDP)の推移(2021年版)

 市場価格表示で日本はどれほどの価値を毎年生み出しているのでしょうか?

 これを国内総生産(GDP)と言います。

 たしかに、公害や家事労働が計算外であること、幸福と生産量の相関性の低さなどの問題点はあります。

 ただ、現状もっとも利用される価値の指標になっています。

交流スペース
[wise-chat channel=”My Room”]

1、日本の国内総生産の推移

 日本の国内総生産は約500兆円です。

 ここ25年の長期で見ると、GDP成長は停滞しているといえます。

 それよりも、景気変動が目立っています。

 特に、2008年の金融危機(リーマン・ショック)直後、539兆円から495兆円への大幅なGDPの落ち込みが目立っています。

 また、2012年以降は、GDP成長が見られます。

 この図表から因果関係を推し量ることは不可能ですが、第二次安倍政権の誕生は2012年でした。 

2、出典と補足

  • 国民経済計算年次推計は内閣府のシンクタンクである経済社会総合研究所の主導のもと毎年行われている調査です。
  • 図表は当該ページをソースに、当ブログが作成しました。
  • このページの図表は自由に使用していただいて構いません。ただし、当サイトはそれによって生じた損害を一切負いません。

タイトルとURLをコピーしました