【映画】グラディエーター / 2世紀の古代ローマ帝国

世界史映画
この記事は約4分で読めます。

 2世紀のローマ帝国が舞台のグラディエーターのあらすじと、時代背景の解説です。高校世界史の勉強になるような解説をしました。

1、あらすじ

グラディエーター (字幕版) – 予告編
グラディエーター (字幕版) – 予告編

第一部(ゲルマニア)

 ローマ軍将軍のマキシマスは、ゲルマニアにおいて大きな戦果をあげた。

 野心を持たず誠実な彼を、時の皇帝はたいそう信頼し、密かに後継者に指名した。

 しかし、野心にまみれた皇帝の息子コンモドゥスは、皇帝の意に怒り、暗殺。ローマ皇帝位を簒奪した。

 この際、反逆者としてマキシマスは処刑された。

 はずだった…

第二部(ヒスパニア)

 実は、マキシマスは処刑の際に逃亡、生きていた。

 マキシマスは奴隷商人に捕まり、スペインにて剣闘士(グラディエーター)として第二の生を送る。そして、持ち前の戦闘力でメキメキと頭角を表していた。

第三部(ローマ)

 さて、このころ、大衆の心を掴むためローマ皇帝コンモドゥスは、帝都ローマにて大規模な剣闘士大会を開いていた…

映画の評価

  • 映画の面白さ

⭐⭐⭐⭐⭐

 これは面白い。将軍→剣闘士奴隷→皇帝と対決のストーリーは、波乱万丈。2000年公開の古い映画だけど、映像もとても綺麗。まったくしょぼくない。特に、58分45秒から流れる帝都ローマの街並みは壮観。

 アカデミー賞もゲットしているし、満足できることは保証したい。

  • 高校世界史お役立ち度

⭐⭐⭐⭐

 ゲルマニア→ヒスパニア→ローマと移るので、いろんなローマ社会が切り取られていていい。個人的には、森林のゲルマニアと乾燥するヒスパニアとローマの気候の変化も感じてほしい。ローマ帝国はなんと広大なんだ!

 高校世界史で触れるべきことにもかなり触れられるし、受験生が世界史の勉強と称して見る理屈も成り立たつと思う。

  • リアリティー評価
史実に従っている
史実をもとにしたフィクション
(主人公は実在の人物がモデル、社会情勢も反映)
史実をもとにしたフィクション
(社会情勢のみが反映)
過去の文化を利用したフィクション
とても脚色が多い
風刺・寓話の要素が強い

2、高校世界史で読む時代背景

1、時代:2世紀

2、当時の国:ゲルマニア(第一部)・ヒスパニア(第二部)・ローマ(第三部)

3、現在の国:ドイツ(第一部)・スペイン(第二部)・イタリア(第三部)

4、国際情勢:パクス=ロマーナ:広大な土地がローマ帝国領となり、平和であった。

5、国内情勢

 五賢帝末期〜コンモドゥス帝期。ローマの最盛期と言われる五賢帝期は、マルクス=アウレリウス=アントニヌス帝(映画に出てくるおじいちゃん皇帝)の死で終わる。

 そして、やってくるのが暴君コンモドゥスの時代である。なお、コンモドゥスは早慶レベルの難関知識。

6、ローマ建築

 荘厳なコロッセウムや数々の壮大な建築物が立ち並ぶ最盛期のローマは壮観である。

 これが2000年前だと信じられるだろうか。

7、大衆社会:「パンとサーカス

Jean-Léon Gérôme『Pollice Verso(1872年)』パブリック・ドメイン, ○(wiki)

 皇帝は剣闘士試合を催すことで大衆の心を掴もうとした。これはローマの有力者が人気取りにする「パンとサーカス」の伝統に即している。

 実際に、劇中ではパンを民衆に目がけて投げるシーンがある。

8、ローマの国家像

 「皇帝派か議会派か」:映画の舞台から700年前、ローマは王を持たぬ「共和政」となり、それを伝統とした。元老院がその象徴である。これが議会派である。

 しかし、200年前からローマ皇帝が出現し、強大な権力を握った。皇帝を支持するのが皇帝派である。

 伝統を重んじるのであればローマは議会派であり、帝政は本来のローマの姿でないという意識が、映画の舞台でもたびたび登場する。

9、ローマの主権者:SPQR

 マキシマスの肩に彫られているSPQRだが、これは「ローマの元老院と人民」の意味。古代ローマの主権者であり、その栄光と誇りである。

 受験には出ないが、ローマが好きなら覚えておくべき。 

3、事実と虚構

重大な虚構

  • マキシマスの存在

 主人公のマキシマスだが、実際には存在しない。

  • コンモドゥスの父親暗殺

 実際には暗殺していないという。

事実

  • コンモドゥスが剣闘士に暗殺されたこと

 実際に、コンモドゥスは剣闘士ナルキッソスに暗殺された。ただし、場所はコロッセオではなく寝室である。

タイトルとURLをコピーしました