日本の産業別の平均給与ランキング

 経営者や資産家を除き、多くの日本人は給料をもらって生活しています。

 これが予算制約になり生活水準を決めるというわけです。

 となると、気になるのは他の人の給料です。

 ここでは産業別の平均給与を調べてみました。

交流スペース
[wise-chat channel=”My Room”]

1、産業別の平均給与ランキング

民間給与実態統計調査(2019年)より筆者が作成

 日本の産業別の平均給与額のトップは、電気・ガス・熱供給・水道業などのインフラ系820万円でした。

 2位は、金融業・保険業571万円

 3位は534万円の情報通信業、4位は476万円の製造業。

 一方で、最下位は宿泊業・飲食サービス業の195万円でした。

2、出典と補足

各年における1年間の支給総額(給料・手当及び賞与の合計額をいい、給与所得控除前の収入金額である。)で、通勤手当等の非課税分は含まない。なお、役員の賞与には、企業会計上の役員賞与のほか、税法上役員の賞与と認められるものも含まれている。

国税庁HP
  • 図表は当該ページをソースに、当ブログが作成しました。

タイトルとURLをコピーしました