【名作アニメ入門】新世界より(小説)/1000年後のユートピア神栖66町の真実

名作アニメ主義
テレ朝動画

1000年後のユートピア

 おすすアニメとは、中一のときからアニメを見続けて来た私が選ぶオススメアニメ集!ストーリーのネタバレなし!

第五弾は新世界よりだ。
ジャンルは未来SFファンタジー。

神栖66町ってさ、日本だよね?
未来日本モノのファンタジーって珍しい!

 そうだよ!神栖66町は、現在の茨城県東南部にある神栖市にある町。

利根川の河口の町だね。

だけれど、現在の神栖市とは全く違う社会なんだ。

そこはノスタルジックな田園地帯の街。

豊かな自然を抱えるこの町は理想郷として語られる。

水田地帯で稲が生い茂る黄金の郷。

水路が張り巡らされ、様々な種類の水車が回る水車の郷。

日没少し前になると、大昔のドボルザークという作曲家の交響曲『家路』が流れる。

夕焼けでだいだい色に染まった丘の上で、陣取りゲームをする子どもたち。

 現代の都会に生きスマホに目が釘付けになっている大人からすれば、それはノスタルジックなユートピア。

 そういう始まりなんだ。

僕はそんな所住んだことないけど、心の原風景だなあ
経験したことないけど懐かしい気がする

結界の中の優しい街

この作品の最大の特徴は、すべての人間に呪力が備わっていることなんだ

呪われた一族なの?

 違うよ笑

 呪力とは念動力のこと。超能力だね。

呪いとは違うけどそこには呪術・宗教的雰囲気があるね。

例えば、神栖66町は注連縄(しめなわ)で囲まれた八丁標(はっちょうじめ)と呼ばれる結界に囲まれている。

八丁標は外界からの穢れの侵入を防いでくれる境界のこと。

実際に、八丁標の中は人間に優しい世界。

野原を駆け巡っても、毒ヘビはいない、虫にも刺されない。

森のヒノキやヒバは、健康に有害なカビ・ダニ・細菌を殺す物質を出してくれる。

ボノボる 〜愛のあり方〜

それに神栖66町の人々は互いに慈しみ合い、愛し合う。

この世界では愛し合うことは社会の安定のために積極的に評価されていて、妊娠を伴わない愛の形態として同性愛はむしろ推進されている。

だから、わざわざ同人誌作らなくてもBL展開・百合展開はナチュラルに出てくるよ。

ちなみに、「新世界より」での同性愛展開を「ボノボる」という。

なんなのそれ!!!(興奮)

 ボノボは霊長類の一種で、人間に近いサル。

チンパンジーも社会性の動物なんだけど、群れの中では序列関係が厳格で攻撃的。

けれど、ボノボは緊張を群れの中での自由な性行動によって解消し、群れを平和に維持する特別な種族なんだ。

老若男女同士で挨拶がわりに性行動をする。

それをこの社会では取り入れているわけだ。

急速な進化を遂げた新種の生物 

 実は生態系も現在とはだいぶ異なっている。

 神の使いとされるミノシロ、大型のカニであるトラバサミなどだね。

画像1:ミノシロ

特に大事なのはバケネズミ。

画像2:バケネズミ(スクィーラ)

バケネズミは人間以外のもう一つの知的生命体。

ハダカデバネズミの品種改良で、体格と知能を引き上げて、八丁標で文明を営んでいる。

とはいえ、アリみたいに、地下にコロニーを救って、女王が子どもを産み、働きネズミがたくさんいるみたいな生態だから、人間とは全然違う。

 コロニーごとの抗争もあり、子どもたちはここに巻き込まれていくことで物語は進行していく。

ファンタジーの世界だ!

1000年前の先史文明崩壊

ちょっと待って、科学はどうなったのさ?

 とてもいい質問だ。

実は現在僕らが生きている文明は1000年前に崩壊したんだ。

彼らからすると、僕らは先史時代・旧世界の人間だ。

え?なんで?

 それはこの「新世界より」の設定の根幹に関わってくる「呪力の存在」のためだ。

社会が安定しているためには、人間の自由をある程度制限しないといけない。

しかし、呪力の発現はそれを一変させたんだ。

2011年、アゼルバイジャン共和国での念動力の証明実験以降、世界各地で能力者が出現。全世界の人口の0.3%に達する。

当時の呪力は非常に微弱だったけれど社会秩序を崩壊させるのには十分。

日本においても少年Aの連続殺人・強姦事件をきっかけに、能力者による犯罪が多発。

その結果、能力者と非能力者の間での抗争が激化し、その過程で一人の呪力の上限は核兵器を上回るものに成長を遂げる。

こうして、万人の万人に対する闘争が続き、社会秩序は崩壊した。

政府は瓦解。戦乱・飢餓・疫病により、世界人口は最盛期の2%以下に激減したんだ。

実際に、神栖市は現在人口約10万人だけれど、神栖66町の人口は約3000人。

しかも、関東地方には神栖66町以外に町はない。

1000年後の日本列島の総人口は5〜6万人。今の人口は1億3000万人だから、人口は0.04%未満に激減してる。

血塗られた歴史だ!

攻撃性の克服  〜愧死機構〜

 呪力を持った人類の最大の課題は、一人一人が恐るべき破壊力を持つ人間たちにどう対人攻撃をさせないか?

呪力を持っていることは、すべての人が核兵器を持っているのと同義だからか!

 まさにそう。

実は「ボノボる」も個体間の抗争を防ぐために、取り入れられた社会慣習なんだ。

しかし、これだけでは暴力の連鎖を完全に断ち切ることができない。

そこで、人間の遺伝子に組み込まれることになったのが、愧死機構だ。

愧死機構とは

最初に、自分が同種の人間を攻撃しようとしていると脳が認識すると、無意識にPKが発動して、腎臓および副甲状腺の機能を停止させます。これによって、不安、動悸、発汗などの警告発作が起きます(中略)この段階でほとんどの人間は攻撃を中止しますが、なおも攻撃が続行された場合には、低カルシウム血症に強直の発作で窒息死するか、カリウムの濃度の急増によって心停止にいたるのです。

貴志祐介『新世界より(上)』

 同種攻撃した場合、自死することを遺伝子に組み込むことで、人は抗争状態を克服しようとしたのです。

物語の真のテーマ

ちょっと待って、この血塗られた歴史を子どもたちは知ってるの?

 これが知らないんだなあ。

実は「新世界より」は、「世界の謎」がテーマではないんだ。

「世界の謎」を知った少年少女たちがどういう選択をするか?

それが物語の真のテーマだ。

だけれど、ユートピアのくだりがとても長い。

『新世界より』の真のテーマが出てくる前に「冗長だな」って途中離脱する人、あと、上の設定をうまく理解できなかった人はとってももったいない!

ここから本当の物語が始まるんだよ

今までのはネタバレではないと?笑

そうだよ!

具体的に言うと、主人公らが霞ヶ浦で夏季キャンプを行って、ミノシロモドキと出会うまで頑張ってみてほしい。

夏季キャンプで出会うミノシロモドキはミノシロに擬態した国立国会図書館つくば館。(ちなみに、パナソニック製。)

国立国会図書館つくば館

機種および型番:Panasonic 自走式アーカイブ・自律進化バージョンSE-778Hλ 

画像3:ミノシロモドキ

ここから禁じられた知識を子どもたちは得て、ユートピアの幻想は打ち砕かれる。

子どもたちは社会の隠れた一面と向き合いつつ生きていく。

特に、その中で、主人公渡辺早季は頭角を現すことになるんだ。

<1>幼少期の記憶

<2>小学校の卒業

<3>夏季キャンプで知る真実

<4>夏季キャンプで巻き込まれたバケネズミの抗争

<5>それから2年後に仲間たちに降りかかる事件(1)

<6>同じ時期に仲間たちに降りかかる事件(2)

<7>さらに、12年後の「大勢の人が命を落とすこと」になる事件

今までに僕が言及したのは<3>までにわかることに過ぎない
『新世界より』の真髄は<7>にあるんだよ

そして、クライマックスになるにつれて、種内攻撃の抑制が社会に歪みを作ってしまっていることが露呈する。それがめちゃくちゃ面白いんだ

神栖66町の歪み

社会の歪みって具体的に何さ

それは、「腐ったリンゴ理論」の教育方針・悪鬼への対処法の欠如・バケネズミの正体だよ。これ以上はネタバレになるから言うことはできない。

『新世界より』の宣伝

『新世界より』のPV貼っとくね。

新世界より CM AbemaTV

新世界より CM AbemaTV
https://www.youtube.com/watch?v=FasXUl2JW40

非公式チャンネルのリンクを貼るのは不本意なんだけど、これは雰囲気わかるから聞いてみてほしい。

【BGM】《 新世界より 》 陰の伝承歌

【BGM】《 新世界より 》 陰の伝承歌
https://www.youtube.com/watch?v=nF-Ehszji6s

Amazon Primeのアニメはこれ!

https://www.amazon.co.jp/若葉の季節/dp/B00FIZ9LNO/ref=sr_1_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=新世界より&qid=1575195351&sr=8-1

小説もかなりオススメ!

  https://www.amazon.co.jp/新世界より-上-講談社文庫-貴志-祐介/dp/4062768534/ref=sr_1_2?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=新世界より&qid=1575195351&sr=8-2

(今日はひたすらしまうまが語る日だったな)

(そうね。多分、ホントに好きなんだろうね)

ん?コソコソすんなよな!

関連情報

あとがき

編集後記(No.18)

 とにかく、物語自体はめっちゃ面白いからぜひご鑑賞ください!(2019/12/1)

参考資料

貴志祐介『新世界より(上・中・下)』講談社、2011年

新生物名鑑|新世界より|テレビ朝日 https://www.tv-asahi.co.jp/shinsekaiyori/seibutsumeikan/

YouTube 『新世界より』超スッキリ講座 https://www.youtube.com/results?search_query=『新世界より』超スッキリ講座

画像元

アイキャッチ画像:テレ朝動画 https://www.tv-asahi.co.jp/douga/shinsekaiyori/

画像1~3:左を参考に作成:新生物名鑑|新世界より|テレビ朝日 https://www.tv-asahi.co.jp/shinsekaiyori/seibutsumeikan/

タイトルとURLをコピーしました