IS曲線:金融経済が実体経済に与える影響

IS-LM分析

 金融経済は実体経済にどのような影響を与えるのでしょうか?

 これはIS曲線で表すことができます。

 IS曲線とは、財市場を均衡させる利子率と国内総生産の組み合わせです。

 これについてわかりやすく解説します。

  • 簡単バージョン
  • 要約バージョン
  • しっかり解説バージョン

でわかりやすく解説します。

1、IS曲線(簡単バージョン)

 利子率が上がると、投資が減ります。

 投資が減ると、国内総生産が減ります。

 利子率を縦軸、国内総生産を横軸にとると、右下がりのIS曲線がかけます。

3、IS曲線(要約バージョン)

 もう少し詳しく説明しましょう。

(1)金融経済で利子率rが増加

 まず、金融経済で何かがあり、利子率が増加します。

(2)投資Iが減少

 すると、利子率に見合った有望な投資案件が減るので、投資が減少します。

(3)総需要が減少

 投資は総需要の要素であるので、総需要が減少します。

(4)有効需要の原理により、国内総生産の減少

 需要が減ったので供給過多になりますが、企業が減産することで財市場の均衡がもどります。(有効需要の原理)

 この結果、国内総生産Yが減少します。

(5)IS曲線の導出

 したがって、利子率が増加すると、国内総生産は減少するので、IS曲線は右下がりになります。

3、IS曲線(しっかり解説バージョン)

(1)利子率と投資の関係

 金融経済で利子率rが決まります。

 これは実体経済にどのように影響を及ぼすでしょうか?

 まず、企業は

  • 利子率:銀行に預けて儲かる将来収益
  • 投資の限界効率:生産要素に投資して儲かる将来収益

を比較して、「投資するか」「銀行に預金するか」を考えます。具体的には

  • 利子率が上がれば、それに見合う投資案件が減るので、投資は減少
  • 利子率が下がれば、それに見合う投資案件が増えるので、投資は増加

と考えます

 これをグラフに表すと次のように描けます。

(2)投資と需要の関係

 閉鎖経済において

  • 需要=消費+投資+政府支出

ですから、

 投資は、需要側に影響を与えます。

 総需要は、国内総生産との関係において次のように表すことができます。

(3)需要と国内総生産の関係

 供給=国内総生産といえますから、総需要と総供給は次のようにかけます。

 数量調整により、交点で財市場が均衡します。(→有効需要の原理)

(4)利子率増加による投資の減少

 ここで、利子率が増加して、投資が減少したとしましょう。すると、総需要はつぎのように表せます。

(5)投資の減少による国内総生産の減少

 すると、財市場の均衡は次のように変化します。

 したがって、利子率が上昇すると、最終的に財市場が均衡する国内総生産が減少します。

(6)IS曲線

 この関係を縦軸を利子率、横軸を国内総生産のグラフで表すと、IS曲線となります。