人的資本減耗

 もし人的資本を資本という観点から自己投資を見つめるなら、一つ加えなければいけない視点があります。それは、通常、固定資本減耗と呼ばれるものです。

固定資本減耗

 固定資本減耗とは、使用による摩耗や老朽化、技術進歩による陳腐化によって、その価値が減少することです。例えば、30年前に最新鋭の生産設備でも、30年経てばオンボロ機械に成り下がるということです。

人的資本の減耗

 労働の質を意味する人的資本でも、同じ「減耗」が起きます。人的資本の基本式に減耗をプラスすると、次のように表せます。

$$H_{t+1}=H_t + I_t-\delta H_t$$

$$※δは減耗率、Hは人的資本、Iは人的資本投資、tは期$$

自己投資で考慮すべきこと

 「すぐに役に立つことは、すぐに役に立たなくなることだ」という言葉があります。これは即効性の高い技能は、投資してもすぐに共に陳腐化してしまう(=減耗率が高い)可能性を指摘しています。

 自己投資するなら、すぐに陳腐化するようなものではなく、人生の土台になる事柄を身につけたいものです。

コメント欄 お気軽にコメントをお寄せください!

タイトルとURLをコピーしました