需要曲線が右下がりの理由をわかりやすく解説

部分均衡理論

 需要曲線が右下がりになる理由を、3つの観点からわかりやすく解説します。

1、右下がりの意味

 「需要曲線が右下がりである」とは、「値上がりで需要が減り、値下がりで需要が増える」ことを意味しています。これをグラフ化すると次のようになります。

2、需要曲線が右下がりになる原因

 では、なぜ「値上がりで需要が減り、値下がりで需要が増える」のでしょうか?これについては、2つの考え方があります。

  • 限界効用の逓減
  • 価格効果(=代替効果+所得効果)が負

の2つです。

(1)限界効用の逓減

 限界効用とは、追加した一個の満足度のことです。そして、限界効用はだんだん小さくなっていきます。これを限界効用逓減といいます。

 例えば、1個目のアイスはとても美味しいですが、2個目、3個目となっていくとそこまで美味しいとは思えません。多くの財でこれはなりたつと考えられます。

 この限界効用の逓減はつぎのようにグラフ化できます。

 満足度がお金で表現できると考えましょう(準線形の効用関数)。もし下のような価格なら、満足度が費用に見合う4個を買うといえます。

 ここで価格を動かしてやると、限界効用の曲線に合わせて消費が決まっていくことがわかります。したがって、限界効用曲線は需要曲線といえます。

 需要曲線が右下がりであることは、「限界効用がだんだん下がっていく」ことを意味しているのです。

(2)価格効果(=代替効果+所得効果)が負

 無差別曲線をもちいて考えることもできます。ただし、すこし高度ですので結論のみ紹介します。

 1財の価格上昇による1財の消費量の変化は、図の「価格変化」とよばれる部分に相当します(→スルツキー分解)。

 1財の値上がりによって、1財は割高、2財は割安になります。消費者が同じ満足度を達成しようと、「1財を少なめに買おう」とします。これが代替効果です。

 一方で、値上がりによって、消費者の予算額は変わらなくても、実質的には予算が少なくなります。これによって、生まれる消費の変化が所得効果です。所得効果は、その財が上級財か下級財かによって変わります。

 財の種類によって考えると、値上がりによる消費量の変化は次のように考えられます。

財の種類価格効果代替効果所得効果
上級財マイナスマイナスマイナス
下級財マイナスマイナスちょっとプラス
下級財の中の
ギッフェン財
プラスマイナスかなりプラス

となります。

 ギッフェン財はほぼ観測されていませんから、代替効果の絶対値は大きいようです。

 したがって、値上がりすると消費量は減るのは、「他の財と比べて割高な商品は避けられるから」ということができます。

3、モデルの検討

(1)限界効用理論

 限界効用の議論では、準線形の効用関数が想定できるという仮定がついています。これは満足度をお金で表すことができるという仮定です。わかりやすいですが、予算制約や他の財の存在を議論できていません。

(2)無差別曲線理論

 価格効果の議論では、無差別曲線を用いました。複数財について予算制約のもとでの効用最大化するという消費者が想定されています。限界効用理論の欠点を解消した形になっています。また、副産物として右上がりの需要曲線の存在も予測できています。