ケインズ経済学まとめ

ケインズ経済学

概要

 世界恐慌のときに登場し、政府の介入を正当化したケインズ経済学を説明します。ここでは、ヒックスが考案したIS-LM分析を用います。

(1)総需要の理論

1. 実体経済

2. 金融経済

3. 実体経済と金融経済の融合

※開放経済の場合は「国際経済」の「マンデル=フレミング・モデル」を参照

4. 総需要曲線

(2)総供給の理論

1. 労働

  • 労働需要
  • 完全雇用国民所得
  • 賃金の下方硬直性と失業

2. 資本

3. 総供給曲線

  • 総供給曲線

(3)総需要-総供給分析

  • AD-AS分析
  • 財政政策のAD-AS分析
  • 金融政策のAD-AS分析