LM曲線 / 実体経済が金融経済に与える影響

IS-LM分析

 金融経済は、実体経済からどのような影響を受けるのでしょうか?

 これはLM曲線で表すことができます。

 LM曲線とは、貨幣市場を均衡させる利子率と国内総生産の組み合わせです。

  • 簡単バージョン
  • 要約バージョン
  • しっかり解説バージョン

でわかりやすく解説します。

ケインズ経済学まとめ

(IS曲線、LM曲線などはこちらから↑)

文系にやさしい経済学まとめ

(経済学の理論のまとめです↑)

1、LM曲線(簡単バージョン)

 国内総生産が増えると、貨幣需要が増えます。

 増えすぎた貨幣需要を、利子率の上昇で抑えようとします。

 結果、国内総生産が増えると、利子率が上がります。

 この結果、LM曲線は右上がりになります。

2、LM曲線(要約バージョン)

 もう少し詳しく説明します。

(1)実体経済で国内総生産が増える

 まず、実体経済で何かがあり、国内総生産が増加します。

(2)取引需要が増える

 国内総生産が増えたことで、取引的動機・予備的動機に基づく取引需要が増えます。

(3)貨幣市場で超過需要が発生

  • 貨幣需要=取引需要(増加)+資産需要
  • 貨幣供給=実質マネーサプライ(一定)

 ですから、超過需要が発生します。

(4)利子率上昇

 貨幣供給が足りてないので、銀行や債券の発行者は、利子率を上げることで資金調達をしようとします。

 この結果、資産需要を減ります。

(5)貨幣市場の均衡達成

 利子率の上昇は、超過需要が解消され、均衡に達するまで続きます。

(6)LM曲線の導出

 したがって、国内総生産が増加すると、利子率は増加するので、LM曲線は右上がりになります。

LM曲線

3、LM曲線(しっかり解説バージョン)

(1)国内総生産と取引需要L1の関係

 財市場で国内総生産が決まります。

 これは金融経済にどのような影響をもたらすでしょうか?

 国内総生産は取引需要と関連しています。

  • 経済規模が大きい→取引のために必要な貨幣が大きい
  • 経済規模が小さい→取引のための必要な貨幣が小さい

 したがって、取引需要L1と国内総生産の関係は次のように表せます。

取引需要

(2)貨幣需要Lの内訳

 ところで、貨幣需要は、利子率に応じて減少する資産需要と、国内総生産に応じて増加する取引需要に分けることができます。

 それらを合わせると次のようになります。

貨幣需要

(3)貨幣需要と利子率の関係

 ところで、貨幣供給は実質マネーサプライM/Pによって決まりますので、一定です。

 これをグラフにすると、下のようになります。

 超過供給が発生すると利子率を下げ、超過需要が発生すると利子率を上げることで、需給均衡が達成されます。

 したがって、利子率は貨幣供給と貨幣需要の交点で決まります。

貨幣市場の需給

(4)国内総生産増加による取引需要の増加

 国内総生産が増加すると、取引需要が増加します。

 その結果、貨幣需要が増加します。

 これはグラフでは、貨幣需要の右シフトで表せます。

貨幣需要の増加

(5)超過需要による利子率の下落

 超過需要が発生するので利子率が上昇し、需給均衡が達成されます。

利子率の上昇

(6)LM曲線

 いままでの議論をまとめると、次のようになります。

LM曲線