【しまうま流】論理的な思考をどう実現するか?

 しまうま総研で用いている論理的思考について解説します。

論理的な思考とは

目的と強み

 そもそも、論理的思考とは問いの最善な解を導くために使います。メリットは、導出プロセスが明確なために、異なる立場の人間も妥当性評価でき、発展的な議論に繋げられる点です。異なる立場の人間には、未来の自分、上司、社長、親を含みます。

 したがって、①問いに対する結論が最も重要です。ただし、論理的思考の真価は、②妥当性評価が内部で行われること、③外部による妥当性評価がしやすいこと、④前提の食い違いや論点のすり替えを回避し建設的な議論に誘導できること、にあります。

伝え方

 しまうま総研では、これから述べる文章構造を守ることで、上記3点を確保しています。

①→「要約=問い、答え、意義」を冒頭に

②→「妥当性評価=定義、仮定、事実、論点、判断基準、論理構造の評価」の存在

③④→「前提」「方法」の明示。前提と方法のみに立脚した「結果」

目標

 論理的思考の目標は「専門知識はないが、理解力のある人」がその記事だけで妥当性評価できることです。なお、「妥当性評価できる」には「必要な部分は読み切らせる」も要素として入ってきます。

要約

 要約は主要3ポイントのまとめです。3ポイントとは「問い」「答え」「生み出したかった価値」です。

(1)問い

 問いを明確にします。

(2)答え

 答えを言い切ります。

 さらに、理由を簡潔に説明します。簡潔に述べるために、言及事項は論点と判断基準に絞ります。

(3)意義

 意義は、外部に与える良い影響という意味です。記事の存在価値をアピールするために絶対に必要です。いくら内部が論理的であっても、外部に対して価値を発揮できないのであれば、存在価値がありません。

前提

 前提は、議論の出発点とします。論理を積み上げる土台となるものです。

(0)問い

 まず、改めて問いを明確にします。

(1)定義

 意味が不明瞭な概念は、定義を確認します。

(2)仮定する条件

 論理を進めるために「正しいとみなすもの」を作ります。仮定する条件にセンスがあると、思考を明晰にすることができます。仮定する条件は明確であると、結論の妥当性評価が正しくできます。

 なお、仮定は少ない方が一般性を持ちますので、望ましいです。ちなみに「ある事柄を説明するために必要以上に多くを仮定するべきでない」という方針は、オッカムのカミソリと呼ばれます。

(3)仮定しない条件

 「正しいとも正しくないとも判断しないもの」を作ります。仮定しない条件が大きいほど、結論は揺るぎないものになります。

(4)事実

 「現実において成り立っているもの」を整理します。

方法

(1)問題の構造

「問い」の構造を把握します。ここが1番大事です。

「なぜ?」によって深掘って、取り組める問題に分解します。また、「他には?」によって議論を広げ、取りこぼした問題をなくします。

 この結果がいわゆるロジックツリーであり、MECEです。

(2)論点と判断基準

 問いを左右する重大なポイント(=論点)を見抜きます。そして、「〜ならば、論点は〜とみなす」という判断基準を作ります。

結果

 「方法>論理構造」に前提を代入して、論点についての答えを出します。

考察

(1)結論

 論点についての答えを踏まえて、元々の「問い」についての「答え」を導きます。

(2)妥当性評価

内的妥当性

 内部のロジックが通っているのかについて、評価すべきです。しかし、これは

・前提

・方法

・結果

を踏まえて読者が判断すべきことで、発表者は文章をしっかり書くことで内的妥当性を確保すべきです。

外的妥当性

 主に、仮定する条件がどれほど現実的か、事実にどれほど信憑性があるのかを明示します。

 また、論点、論点の判断基準、論理構造について、自信のないところは正直に話す必要があります。

(3)意義

 「問い」「答え」のセットを通じて、外の世界にどんな価値を生み出せたのかを明示します。

付録

 記事に入れると、可読性が悪くなる情報は付録に詰め込みます。

※サムネイル素材はUnsplashを用ました。

コメント欄 お気軽にコメントをお寄せください!

タイトルとURLをコピーしました