風の谷のナウシカ(原作)の世界観

 この記事では私の大好きな『風の谷のナウシカ』の世界観とあらすじをご紹介したいと思います。

 ただし、注意があります。ここでご紹介するのは、アニメ映画版ではなくコミック原作版(全7巻)です。実はアニメ版はコミックの1.5巻分に過ぎません。

 真にナウシカの世界観を知るにはコミック版をみなくてはいけないのです!

 また、後半にはネタバレがあります。ネタバレが嫌な方は「ここからネタバレあり」がでてきたらブラウザバックをお願いします。

 それではいってみましょう!

ネタバレなしの部分

  • 西暦1750年頃
    産業文明が勃興

     ユーラシア大陸の西の外れで産業文明が発生します。おそらくイギリス産業革命のことだと思います。

  • 21世紀
    巨大産業文明を形成

     産業文明は数百年のうちに全世界に広まり、人類は巨大産業文明を形成するに至ります。これが現代の我々を指しています。

  • 巨大産業文明の成長

     人類は大地の富を奪いとり大気を汚し、生命体をも意のままに造り変える技術を獲得します。

  • 西暦3000年頃
    巨大産業文明の絶頂期と急激な衰退

     

  • 同時期
    火の七日間

     「火の七日間」と呼ばれる戦争が起き、巨神兵が世界を焼き尽くします。ここのシーンはアニメ映画でも有名ですよね。

     このときに都市群は有害物質をまき散らして崩壊します。

     結果、複雑高度化した技術体系は失われ地表のほとんどは不毛の地と化します。

     その後産業文明は再建されることなく、永いたそがれの時代を人類は生きることになります。

  • 同時期
    腐海と蟲の誕生

     この時期に有毒な瘴気を発する腐海と、巨大な昆虫類である蟲が突如出現しました。

     ここまでが、アニメ版ナウシカでも説明される世界観です。

  • 同時期
    墓所の建設

     ここからがコミックを読んだ人にしかわからないナウシカの世界観です。

     人類滅亡のときに際して、「墓所」がシュワに建設されます。この「墓所」には未来の人類再建の要として、科学の遺産が収められました。

     この墓所にはなんらかの自律した意志があります。墓所は外界に政治的庇護者をつくり、シュワを都とする歴代政権によって破壊から逃れることになるのです。

  • 西暦3700年頃
    最後の大海嘯

     文明崩壊から700年後、強国エフタルで王位継承権争いが勃発します。武器商人たちは硬い甲皮を求め王蟲を集団的に狩りました。

     結果、王蟲の怒り、暴走します。都市を破壊して死んだ王蟲を苗床に腐海が成長し、エフタルは腐海に呑み込まれました。

     実は風の谷は旧エフタル領です。エフタル崩壊に伴って、隣国のトルメキア王国と血の盟約を結び、属国となりました。

  • 西暦3800年頃
    初代神聖皇帝の即位

     文明崩壊から800年後、墓所のあるシュワで革命が起こります。

     ヒドラを連れた少年が土王クルバルカを倒し、神聖皇帝に即位します。このとき、ドルク(土鬼諸侯国連合帝国)が建国されました。

     こうして、トルメキアとドルクの2大国が並立します。

  • 西暦4000年頃
    『風の谷のナウシカ』の舞台

     さて、文明崩壊より1000年後、セラミック時代終末期、ナウシカの時代のはじまりです。

     このころ、トルメキアとドルクという2大国が腐海を挟んで並立している状態でした。

  • トルメキア戦役勃発

     ここで領土を求めるトルメキアと土鬼で戦争が勃発します。

     血の盟約に従い、風の谷族長ナウシカはトルメキア・クシャナの指揮下に入り、物語が始まります。

     『風の谷のナウシカ』では非常に重厚な物語が展開されます。それは

    • 風の谷(故郷)
    • クシャナ反乱軍(友軍)
    • トルメキア軍(敵軍)
    • ドルク軍(敵軍)
    • 蟲(自然のシンボル)
    • 墓所(文明のシンボル)

    の6つの主体が入り乱れて複雑な展開を見せるからです。ここについても詳しく見ていきます。

    ここからネタバレあり

  • ドルク軍、王蟲を利用しクシャナ軍を攻撃

     辺境諸国をまとめたトルメキア第四皇女クシャナは、ドルク軍の攻撃に合います。

     これは王蟲の群れをおびき寄せ、クシャナ軍の撃破を試みるというものでした。

     この際に、ナウシカは王蟲の怒りを鎮めて、クシャナの信頼を得ます。

  • クシャナの反乱

     クシャナは他の王族がドルクに情報を流していたことを見抜き、反乱を決意します。ここで、クシャナの軍隊は反乱軍となるのです。

  • ドルク軍、人工粘菌によりトルメキア軍を攻撃

     クシャナ兄たちのトルメキア軍がドルク領内に本土侵攻に成功します。このため、ドルクは軍事用に開発された人工腐海による攻撃します。

     しかし、人工腐海は突然変異で制御不能になり、ドルクの地は腐海に没します。

     さらに、腐海から蟲の大群が襲来し、トルメキア軍は壊滅状態に陥ります。

  • ドルクでクーデター発生

     人工腐海の作戦に失敗したドルク神聖皇帝ミラルパは、シュワにて兄のナムリスに暗殺されます。

     こうして、ドルクで政権交代が発生し、情勢は更なる混乱を迎えます。

  • 神聖皇帝ナムリス、クシャナを捕縛

     土鬼の国土が腐海に没したため、ナムリスはドルク=トルメキア二重帝国による国土拡大を目論みます。

     そのために現在、反逆者となっているクシャナを捕縛し、結婚を申し込みます。

  • ドルク王朝の滅亡

     ここでトルメキアから運んできた巨神兵が起動し、制御不能になります。この混乱の中で、ナムリスは戦死し、クシャナは脱出に成功します。

     この神聖皇帝の死は、ドルク(土鬼諸侯国連合帝国)の滅亡を意味していました。

     なお、この巨神兵を起動させたのはナウシカであり、巨神兵はナウシカを母とみなし、命令に従うようになります。

  • トルメキア軍によるシュワ陥落

     巨神兵暴走の間、実はトルメキア本国からヴ王の遠征軍が訪れ、シュワ攻略が進められていました。

     シュワ攻略が成ったとき、政治的庇護者を求める墓所は「新たな王」の選定作業に入ります。

     墓所にはヴ王と、巨神兵を引き連れるナウシカが入りました。

  • 墓所の破壊

     

     

     注意!重大なネタバレあり

     

     

     

     墓所はヴ王とナウシカに

    • 腐海が巨大産業文明が汚染した大地を浄化する人工装置であること
    • ナウシカたちが汚染された大地に適応するように作られた人造人間であること
    • 世界が浄化されたとき生きるべき優しい心をもった新しい人類が作られていること

    を明かします。ここでナウシカは、墓所を否定します。ナウシカは巨神兵に命じて墓所を焼き払います。この際にヴ王は戦死します。

  • (エピローグ)トルメキア共和国へ

     トルメキア王・神聖皇帝は死に、トルメキア戦役は終結します。

     クシャナはトルメキア王都トラスに凱旋し、代王として生涯を終えることになります。

     以後、トルメキアは王を戴かなぬ国、つまり共和国となります。

さいごに

 さて、どうでしたでしょうか?

 コミック版を読んでいない方は、続きがあったことに驚いたのではないでしょうか。逆に読んだ方は、込み入ったストーリーを整理するのに役立ったと思います。

 ぜひ他の人にもおすすめしてくださいね。

 それでは今日はここで!

 ここまで読んでくださってありがとうございました。

「てれすこーぷ。from 東大」カテゴリー:アニメ・マンガはこちら!

未分類
交流スペース(感想など!)
まれびと114157
どこにありますか?
しまうま
114157さん、発表うまくいって何よりでございます。アメリカ史はこちらにございます。「https://info-zebra.com/usa-history/」
しまうま
[富の偏在]世界と日本における経済格差に関する新記事を公開しました。ぜひご一読ください!https://info-zebra.com/wealth-share-2020/
読者127642
読者127642
社会における学校の役割って何でしょうか
読者127642
レポートにまとめないといけないのですが、序論から思いつきません(´;ω;`)
しまうま
127642さん、コメントありがとうございます。最重要な視点は「⓪親はなぜ十分な教育を子供に与えることができないのか?」という問いです。すぐに思いつく答えは「⓪親は質の高い教育ができないから」ですが、「①昔のように家を継ぐ場合」はそんなことないですし、「②できなければ家庭教師をつければいい」のです。
しまうま
となると、①から「①現在は高度な産業社会で職業の自由があること(需要)」、②から「大人数で教育することで費用を分担する(供給)」という存在理由が見えてきます。
しまうま
しかし、なら私立学校で十分です。公立学校の存在意義を考えるには、「③教育の効果を親が過小評価しがちなので「賢い政府」が適切な教育を施す必要がある(効率性)」「④教育の効果を把握していても貧しい親は教育費用を負担できず不公平が生まれる(公平性)」というのも大きな理由です。
しまうま
とはいえ、一番書きやすいのは①でしょう。近代化による産業の高度化、公教育の開始などについて調べてみてはいかがでしょうか?
読者127642
返事がいただけるとは思ってなかったです(´;ω;`)ありがとうございます!ちなみに、先生から出されたテーマがその社会における学校の位置づけ あるいは 学校の中で生活することが個々人にとってどのように機能しているか なんですが、そのテーマから問題を探すんですか(@_@。? レポートを書くのが初めてで何もわからなくてすみません(;_;)
しまうま
いえいえ、コメントいただけると嬉しいので笑 前者のテーマでは学歴社会・産業社会・文化の継承、後者は青春の思い出・人格形成・社会人になる準備みたいな視点がぱっと思い浮かびますね。1〜2枚程度の軽いレポートでしたら割と適当に書いてよいと思います。
読者127642
1~2枚くらいでいいんですが、軽く適当にがわからなくて(´;ω;`)
しまうま
図書館の「教育」のコーナーに行って、2〜3冊くらい借りて読んでみてください。それで論点と理屈と結論が思い浮かんだら、それをレポートに書きましょう。根拠として本や統計の引用をして参考文献録をつけたらレポートの完成です。
読者127642
ありがとうございます!明日学校の図書室に行って本調べてみます(#^^#)
読者127642
しまうまさんみたいにレポートの達人になりたい…
しまうま
ちなみに大学1年生ですか?
読者127642
専門学校1年生です
しまうま
そうなんですね!慣れないレポートで大変かと思いますが、頑張ってくださいねd(^_^o)
読者127642
単位のために!これからも出るであろうレポートと仲良くなるために頑張ります!このサイト作ってくれてありがとうございます(#^^#)
読者134565
TENETの解説わかりやすかったです
しまうま
134565さん、ありがとうございます!
読者147170
うえーい
読者147784
むっずかしい
読者149700
敵があった銃弾の行方だけ分かっていないんですよね。敵の撃った銃弾は後ろ歩きしていったニールに張り付いていたことになるのでしょうか?
しまうま
149700さん、ありがとうございます。ニールは生きていますから、銃弾は貫通してドアに刺さっているはずですというのが答えになると思います。しかし、この問いはテネットの抱える矛盾の一つです。ドアが作られた時に銃弾も一緒に作られていることになるからです。同じような例が高速道路のカーチェイスにあります。ドアのミラーから銃弾が「抜かれる」ようなシーンがありますが、自動車工場でミラーに銃弾を埋め込んで製造したことになります。これは明らかにおかしいです
読者150373
回答ありがとうございます.ニールが庇ったところから貫通していたとすると主人公に結果当たってしまうのではないかといったところも気になりましたが,やはり多少の矛盾は出てきてしまうのは避けられないのかもしれませんね.事象としては理解できました.ありがとうございます.
しまうま
いえいえ、こちらこそコメントありがとうございました!
読者155126
てすと
読者155263
価値観の多様性→能力の多様性
Customize
しまうま経済学研究所
タイトルとURLをコピーしました