野沢温泉スキー場がスキー・スノボ初心者におすすめの理由

旅行

 冬の旅行といえばスキー・スノボ旅行です。けれども、初心者ですと

「滑るのが怖い」

「みんなに迷惑かけちゃったらどうしよう」

だと思って腰が重くなってしまいがちです。

 そんな方々には野沢温泉スキー場がおすすめです。この記事では、初心者目線でその理由に迫っていきたいです。

1、野沢温泉スキー場とは?

 野沢温泉スキー場は、38コース、最長10キロのコースがあるという大きなスキー場です。

 雪質はよく、特に山の上ではパウダースノーが満喫できることで有名です。

 場所は長野県北部で、アクセスは車か新幹線です。北陸新幹線が停車する飯山駅から直通バスが運行していて、東京駅からのアクセスは結構いいです。

2、初心者に優しい理由1:緩くて広くて長いゲレンデ

 初心者にとって一番大事なのは、雪質やアクセスよりも

  • スピードが出過ぎない緩い斜面
  • 横方向に滑るスペースのある広い斜面
  • リフトにあまり乗らなくていい長いゲレンデ

です。この観点からみると、野沢温泉スキー場にはいいゲレンデが3つあります。

<取り上げるゲレンデ3つ↓>

順位ゲレンデ名緩い広い長いアクセス
1位上ノ平
2位パラダイス
3位長坂
初心者におすすめの野沢温泉スキー場ゲレンデ

1位:上ノ平ゲレンデ

 上ノ平ゲレンデは、緩くて、とても長いゲレンデです。初心者が一番楽しめるゲレンデであることには間違いありません。

 長いリフトにはカバーがついていて、大雪の日や寒い時もカバーをかければ、寒くありません。お子様といくときにもぴったりです。

 こういった配慮も含めて一番いいゲレンデだと思います。

 ただし、上ノ平ゲレンデにいくには、長坂トリプル・リフトから日影ゴンドラに乗り継ぐ必要があります。このときに、一度滑る必要があります。

 「ちょっとやったことある」程度の初心者でしたら、全く問題なくアクセスできると思います。

 ただ、全くの初心者ですと、ここのハードルが高いです。このときは、後述する長坂ゲレンデにいきましょう。

2位:パラダイス・ゲレンデ

 パラダイス・ゲレンデは、斜度が2〜3日目の初心者にとってちょうどよく、横に広いゲレンデです。特にスノーボード初心者におすすめですね。

 また、山の中腹で前に遮る森がないので、眺めは絶景↓です。(コロナですいているときに朝一で行きました。雲海が綺麗です。)

野沢温泉スキー場 絶景 パラダイズゲレンデ

 「上ノ平ゲレンデは緩いな」と感じるまでに成長しましたら、パラダイス・ゲレンデを何度も何度も滑るというのは名案だと思います。

3位:長坂ゲレンデ

 長坂ゲレンデは、駐車場やホテルから一番近いゲレンデです。すべりはじめはここで慣らすことになると思います。

 急な斜面と緩い斜面が交互にくる癖のあるゲレンデですが、広いですので横にすべる練習がしやすいです。

 また土日はナイターをやっていますので(要公式情報確認)、初心者はあえて空いているナイターにいって練習するのも一案だと思います。

 下はめちゃめちゃ空いている長坂ゲレンデ(ナイター)の画像です。

野沢温泉スキー場 ナイター 長坂ゲレンデ

番外編:林間コース

 パラダイス・ゲレンデの終わりで右に曲がると、林間コースに進めます。

 林間コースは緩く、とてもとても長いので、ハの字で滑れるようになった初心者スキーヤーにおすすめです。

 ただし、道は狭く、道のすぐ横は崖ですので、お子様やスノーボーダーにとっては少しきついかもしれません。

 ちなみに、林間コースを回避したい時は、日影ゴンドラの下り線に乗るといいです。

2、初心者に優しい理由2:ゲレンデの配置

 初心者にとってもう一つ大事なのは「みんなに迷惑をかけないか」です。

 実際に、あまりにレベル差があるとおいていかれますし、自分のペースで練習したいと重いこともあるでしょう。

 中上級者と初心者が別々に楽しく滑りつつも、最後は合流できるゲレンデの配置になっているとベストです。

 野沢温泉ではこのベストなゲレンデ配置が実現しています。

 野沢温泉では下の方が初心者向け、上の方が中上級者向けになっています。ですので、初心者は下をすべり、友達が上から下にすべってくれば合流できます

 こんないいとこ取りができるのも野沢温泉ならではです。

野沢温泉スキー場 初心者 中上級者

3、おわりに

 野沢温泉スキー場が初心者にとって優しいスキー場であるということがお分かりいただけたでしょうか?

 自分が初心者だ…

 初心者の友達を誘いたい…

そんなときは是非、野沢温泉スキー場に行ってみましょう!

タイトルとURLをコピーしました