ポール・ローマー/ 内生的経済成長理論

経済学者

 ポール・ローマー(Paul Michael Romer)は、1955年にアメリカ合衆国で生まれた経済学者である。ノーベル経済学賞受賞者(2018年)である。

<業績>

<経歴>

  • 1977年:シカゴ大学卒業(物理学)
  • 1983年:シカゴ大学院博士取得(経済学)
  • 2018年:ノーベル経済学賞

<関連書籍>

 経済成長理論の歴史を振り返る本である。