ポール・クルーグマン/ 新しい貿易理論

経済学者

 ポール・R・クルーグマン(Paul Robin Krugman)は、1951年生まれのアメリカ合衆国の経済学者である。2008年にノーベル経済学賞を受賞した。

<重要な業績>

  • 貿易理論:アメリカとドイツがお互いに車を輸出するような状況を、規模の経済に注目しつつ定式化した。

<経歴>

  • 1974年:イェール大学卒業
  • 1977年:MITで博士号
  • 1982年:レーガン政権でエコノミストを務める
  • 2008年:ノーベル経済学賞受賞

<その他>

  • ニューヨークタイムズの毒説コラムニストとして有名。

<著書>

 教科書執筆者として有名である。