ポルトガル共和国【世界地理】

世界地理
この記事は約2分で読めます。

 ポルトガル共和国の地理です。

<世界地理シリーズ>

<『受験世界史の地図』とは?>

 『受験世界史の地図』は、「高校世界史の知識+α」のレベルで世界史を解説するサイトです。トップページは下の画像をクリック!

受験世界史の地図

1、ポルトガルとは

ポルトガル共和国は、ユーラシア大陸の最西端にある大陸国家。

  • 首都は、リスボン
  • 人口は、1000万人。
  • 一人当たりのGDPは、約2万ドル。ヨーロッパにしては貧しい方です。
  • 言語はポルトガル語。他の公用語にはミランダ語があります。
  • 宗教はキリスト教のカトリック
  • 15世紀末、ヨーロッパからインドに行く航路を最初に発見し、大航海時代を先導しました。

2、ポルトガルの自然

 ポルトガルはイベリア半島の西にあります。太平洋に面していますが、アフリカのサハラ砂漠に近く地中海性気候です。乾燥しています。

 ポルトガルの地形的特徴は山がちなこと。北の方が高いです。

3、ポルトガルの過去の国際関係

(1) ヨーロッパ・アフリカ

 ポルトガルは、地中海の出口にある国で古来から出入りが激しいです。

 例えば、

  • <古代>ローマ帝国(首都:イタリアのローマ)
  • <7世紀>アラブ帝国(ウマイヤ朝)(首都:中東のダマスクス)
  • <12世紀>ムワッヒド朝(首都:アフリカのマラケシュ)

などです。

 ちなみに、中東やアフリカのイスラーム教国から領土を取り戻していくことを「レコンキスタ」と言います。和訳すると、「再征服」です。レコンキスタは、重要度の高い世界史単語です。

(2) 南アメリカ大陸

 

 ポルトガルの代表的な植民地は、ブラジルです。現在でも公用語はポルトガル語です。

 ポルトガルの旧植民地にはブラジルの他に、インドのゴア、中国のマカオ、アフリカ東岸のアンゴラ、モザンビーク、ギニアビサウ、インドネシアから独立した東ティモールがあります。

タイトルとURLをコピーしました