爆速でわかる!PSYCHO-PASS(サイコパス)の歴史設定

空想の歴史
(c)サイコパス製作委員会
この記事は約3分で読めます。

 PSYCHO-PASSは、2012年に第一期が放送された日本の未来SF刑事アニメ。社会全体を管理するAIが算出した犯罪係数に基づいて人が裁かれる社会で、若手の常守朱が社会のあり方の根幹を揺るがす事件に巻き込まれていくというストーリー。歴史設定は以下の通り。

世界観の年表
  • 2020年
    世界恐慌(世界)

     世界恐慌始まる。リアルでのコロナショックと同年である。

  • 2021年
    新自由主義経済の崩壊(世界)

     世界的なモラルハザードが発生。先進国での内戦、途上国での難民の大量発生。その結果、大移動・殺戮・略奪が横行した。

     原因は、「大きな政府」の企業優遇への不満、中国バブル崩壊に伴うアジアの紛争。

  • 2021年
    鎖国政策・職業適性検査の実施(日本)

     メタンハイドレートでのエネルギー自給を達成していた日本は、鎖国政策を開始。食料自給政策を推し進めることになる。

     また、壊滅状態の国内経済を再興するため、マークシート式の職業適性検査を実施。

  • 2031年
    サイコパス を用いた職業適性検査

     厚生省主導で、心理状態を数値化するサイコパスを用いた職業適性検査が全国民に義務化される。

  • 2051年
    経済安定
  • 2061年
    シビュラシステム確立

     職業適性検査が、包括的生涯福祉支援システム「シビュラシステム」へとアップグレード。

     管理者たる厚生省が絶大な権限を握る。

  • 2061年
    食料完全自給達成=鎖国の完成

     天才農学者の管巻宣昭教授が、加工しやすく栄養分も変えられる麦「ハイパーオーツ」を完成。さらに、善玉植物ウィルス「ウカノミタマ」も開発。

     北陸一帯を、シビュラシステムの管理の穀倉地帯とし、無人地帯とする計画が認可。

     食料完全自給を達成する。

  • 2071年
    シビュラシステム施行

     10年の準備期間を経て、施行された。

  • 2081年
    大学制度の廃止

  • 2091年
    潜在犯捜査の開始

     サイコパスの一種である犯罪係数に基づいて、潜在犯を裁く潜在犯捜査が開始された。管轄は、厚生省公安局刑事課。

     犯罪係数が100以上であれば社会的に隔離され、300以上であれば即座に排除される。人々は、メンタルケアを通じて、自らの犯罪係数を適性に収めようとする。

     これは近代法学でいうところの「人の行為のみを罰する行為主義」に明確に反する革命的な刑事司法制度である。

  • 2112年
    アニメ第一期

     訓練施設を首席で卒業した常守朱が厚生省公安局刑事課一課係に配属。アニメ第一期の舞台。

  • 2014年
    アニメ第二期

     アニメ第二期の舞台。

  • 2116年
    劇場版

     シビュラシステムの輸出が開始。輸出先は東南アジアのシーアン。実験的にシャンバラフロートが建設。

     劇場版の舞台。

  • 2120年
    アニメ第三期

     日本政府は鎖国政策を緩和し、徐々に移民の受け入れを開始した。アニメ第三期の舞台。


PSYCHO-PASSドミネーターのモデルガン。シビュラの音声、イリミネーターへの変形機能があり、一時期話題になったもの。
タイトルとURLをコピーしました