R言語で平均、標準偏差、最大最小値、相関係数を計算するには?

 Rにて記述統計の分析をします。

要約

 平均、分散、標準偏差、中央値などの記述統計を分析します。

記述統計

 統計量を出す主な関数。

#平均
mean(x)
 
#分散
var(x)
 
#標準偏差
sd(x)
 
#中央値
median(x)
 
#最大値
max(x)
 
#最小値
min(x)
 
#相関係数
cor(x, y)
 
#単回帰係数
lm(y ~ x)

記述統計表

 記述統計量の表の出力↓

# 記述統計量の表
# まずパッケージstargazerをインストールします(初回のみ)
install.packages("stargazer")
 
# 次にstargazerを呼び出します
library(stargazer)

# データdataの記述統計表を出力します
stargazer(data, type="text")
 
# htmlでの出力は↓とすると、作業ディレクトリにファイルが現れます
stargazer(data, type="html", out="name.html")
 
# latexの表形式での出力↓です
stargazer(data, type="latex")

コメント欄 お気軽にコメントをお寄せください!

タイトルとURLをコピーしました