利子率の決定(流動性選好説)

ケインズ経済学

 利子率は、異時点間のお金のやりとりを決定します。

 例えば、資産形成・設備投資、そして貯蓄行動などです。

 では、利子率はどのように決まるのでしょうか?

 貨幣市場を想定し、貨幣需要と貨幣供給の均衡点で利子率がきまると考えます。

 また、貨幣需要ではケインズ流動性選好説を用います。

1、貨幣需要

 ケインズは、貨幣をもつ動機を3つに分けました。

  • 取引的動機:取引のために
  • 予備的動機:万一の取引のため
  • 投機的動機:債券を換金して損益を確定するため

 これを基に貨幣需要について考えます。

(1)取引需要L1

 取引需要L1は、取引的動機+予備的動機に支えられている貨幣需要です。

 国内総生産に応じて増えると考えられます。

(2)資産需要L2

 投機的動機に支えられた貨幣需要は、資産需要といいます。

 これは次のように考えられます。

 これをグラフにすると下のようになります。

(3)貨幣需要L=L1+L2

 貨幣需要は、取引需要と資産需要です。

 縦軸に利子率、横軸に貨幣需要をとったグラフを描くと、次のようになります。

 これが流動性選好説の考え方です。

 

2、貨幣供給

 名目貨幣供給Mは、中央銀行が決定できると考えます。

 ただ、額面にあまり意味はありません。

 大事なのは、その貨幣で財をどれくらい買えるかです。

 そこで名目貨幣供給Mを物価Pでわります。

 このM/Pを実質マネーサプライといいます。

 これは利子率に関係なく決まるので、次のようにグラフにできます。

 垂直なグラフは利子率が変わっても、実質マネーサプライが変わらないことを意味しています。

3、利子率の決定

 さて、貨幣供給と貨幣需要のグラフを重ねます。

 すると、利子率によって超過供給・需給均衡・超過需要が起きることがわかります。

 銀行や債券の発行者は支払う利子率を減らしたいので、超過供給のときには利子率を減らします。

 一方で、超過需要のとき、銀行や債券の発行者はなんとかして貨幣を集めようと、支払う利率をあげます。

 こうして、利子率は貨幣供給と貨幣需要の交点で決まります。

 金融経済では、このように利子率が決定されるのです。