偽愛【歌詞の意味・解釈】重なれども、すれ違う男女

偽愛 音楽ラジオ

 偽愛とは、セフレの男女の心情を歌ったSTUPID GUYSの曲。性欲の男、情愛の女の違いをエロティックに表現した名曲です。

1. STUPID GUYSと、偽愛

 STUPID GUYSが2019/7/7にリリースした偽愛。読み方は、ギアイです。2019/6/2にツイッターでバズった曲でもあります。STUPID GUYSは、堂村璃羽と、たかやんの2人組バンド。

 Spotifyでの30秒視聴はこちらをどうぞ↓

2. 歌詞の意味

ハイセンスな言い回しと、男女の違いに関する洞察。
これがすごい

グラスの中のice cubeと〜

 まず、冒頭。これほど、「セフレ」を絶妙に表現した言い回しがあるだろうか?

グラスの中のice cubeと快感に溺れ溶けた時に朝を迎え

もうただの君に戻ってるってことは

口にはしないでって

STUPID GUYS『偽愛』

 夜だけの「自分の女」で、昼は「タダの女」に戻る。つまり、セックスフレンドだ。

 この表現力は、ヤリチン・ヤリマンといった無粋なコトバでは、到達できない。

クズだなんて わかっているよ

男の心情にせまろう。

 男は相手との関係は不誠実だと思ってる。相手の「消える背中」をみて浮かぶのは「クズ」の二文字。

 しかし、罪悪感を感じても、性欲に負けてしまう。

 「形だけの『大好き』」で、セックスを盛り上げる。けれど、それは本当の「大好き」ではなくて、タダのピロートーク。

愛情と欲情を偽りズラしてく

 結局、男視点だとこうなる。

都合の悪い言葉には口を口で塞いで

愛情と欲情を偽りズラしてく

STUPID GUYS『偽愛』

すげえ表現力…

 「私と君の関係って何?」と言われようなら、無言でキスする。性欲を満たすために、「性欲」を「愛」と偽るのだ。

 ガチクズだ。

女の子視点では…

だが、女の子視点では全く違う。

 この子にとって、相手との繋がりは、「好き」にあるんだ。

君に他のセフレ出来た時は嫉妬するEveryday

腹立つよね

メンヘラ気質

ごめんね残念な出来で。

STUPID GUYS『偽愛』

 肉体関係だと割り切ったセフレなら他に女がいようがお構いなしのはずだ。だけれど、この子はそうではない。

 女の子はこの男が好きなんだ。

 けど、一度「都合のいい女」になったら、彼女になれる可能性は低い。切ない。

過食苦しくて吐いた

 けれど、好きだから、

 好きだからこそ「相手が求めるセフレとしての私」に、自分を押さえ込んでいく。

 二人の物理的な距離はゼロなのに、ココロの距離は遠くはなれている。

 そういう悲しい歌なんだ。偽愛の主人公は女だ。

良い愛だけ共有したいじゃん。

今日も過食苦しくて吐いた

(中略)

ほら、まただよ。

君に逢いたくなってきてるんだ

STUPID GUYS『偽愛』

3. 結論:男女の違い

 セックスは単なる肉体的な快感を超えて、自分を満たしてくれる。これが女の子視点。

 けれど、男は必ずしもそうではない。「肉体的な快感」だけ生きていける。

 この男女の違いを唄いあげた「偽愛」には大きな価値がある。こういう曲を名曲という。

タイトルとURLをコピーしました