勉強習慣の付け方コツ4選!勉強時間ゼロから東大へ

勉強法

1. 勉強は習慣化からスタート

 人間の到達度は習慣で決まります。勉強も同じです。

 「継続は力なり」という陳腐なフレーズには飽き飽きですが、勉強習慣がなければよい成果を残すことはできないのは自明の理。

 本記事では、勉強の習慣化にトライする人向けに幾つかのテクニックをご紹介します。

本記事は現役東大生の前者くん(仮名)の実体験をもとに記事を書きます。

よろしくお願いします。

前者くんの経歴:中学受験経験者。エスカレーターで最難関大に合格者が多いTOP30の高校に進学。東大(文科)に合格。

 前者くんの特徴は、

新小6の2月になるまで塾に行かずに、頑張っていた独学経験

勉強時間ゼロから東大合格した経験

の両方から勉強習慣について語れることです。

 ざっくり言って、勉強の習慣化のポイントはなんですか?

ポイントは4つあって
<勉強時間>気軽にできる短時間勉強
<モチベーション>ご褒美の設定
<勉強内容>自分にあった参考書選び
<メンタル>他人と比較しない

です。

後半ではNGなアイデアのお話も聞きますね。

2. 習慣化のために最も大事なこと

Rob Schreckhise

さて、まずは勉強習慣をつけるのに一番大事なことはなんですか?

大事なのは…

「毎日、勉強すること」です。毎日勉強することが、積み重なると勉強習慣になります。

ちょっと待ってください!
それって、ただ単に勉強習慣を言い換えているトートロジーではありませんか?

いいえ違います。

毎日勉強することは次のような段階を経ます。

  1. 始まりの日(やる気結構ある)
  2. 勉強をする日が続く(勉強つらい。やる気ないとできない)
  3. 勉強の習慣化(勉強つらくない。やる気なくてもできる)

要は、「何回もやる」と「慣れる」は別物なのです。

なるほど

3. <一>勉強時間の取り方

Aaron Burden

勉強習慣をつけるのに最も基本的なテクニックは…

 「短時間の勉強を一日に何度もやる生活習慣」を身につけることです。

 具体的には、「オンオフを切り替えてパッパと5分の勉強を何度もこなす」という勉強スタイルです。

 毎日、朝昼晩で3~4回できるといいですね。

 まとめてやると、勉強習慣として定着しないのでダメですよ。

 副次的効果に、集中力も保ちやすい、まとめてやるより学習効果が高い5分以上は強制されてないので勉強続ける気が起きてどうせ15分くらいやっちゃう(笑)などがあります。

広告

コツは、勉強をするアクション・トリガーをいくつも設定することです。If-Thenプログラムとも言いますね。

 例えば、

  • もし朝起きたら〜やる
  • もし学校から帰ってきたら〜やる
  • もし夜飯食べ終わったら〜やる
  • もしおやつ食べたいと思ったら〜やる

自分でいろいろ工夫してみてください。

もちろん、これは受験で一日5分で受かると言ってるわけじゃないです。

 しかし、勉強習慣のできてない人が「毎日5時間勉強するぞ〜」と言うのは勝手ですが、「そんなんできるんか?」と思いますね。

実際にやってたんですか?

 はい。もちろんここまで明確に意図的にはやってないですが笑 例えば、小学校のときは毎日ちょこちょこ勉強してました。

 家から帰ったらすぐに机に向かってちょっと勉強した後に、外に出て低学年のときは野球、高学年になったらバスケをするという生活をしてました。

 凶悪な勉強時間も短時間勉強で足腰が鍛えられて初めてできるんです。いきなりは無理ですよ。

 だから、いきなり長時間勉強を目指した大学受験では、失敗して浪人する羽目になったんです。

 その経験もあり、短時間の勉強スタイルは、中高生に限らず、大学生・社会人のすべての人の役に立つと思ってます

勉強習慣化のための初めの一歩
  • 5分間の瞬間的な勉強時間を一日に何度も取る

ちなみに、中学受験最終盤は、凶悪な勉強量をガッツリこなしてましたよ。えっと、確かファイルがあったような…

201X/1/1の時間勉強内容
朝:5:30~6:30A中学過去問&コンプリ1~32
6:30~7:45塾復習
7:45~8:30飯&休憩
8:30~9:30B中学(第一志望)の国語H18年
9:30~11:00ファイナル21~30
11:00~12:30四科
昼:12:30~13:00飯&休憩
13:00~14:30ラストパス
14:30~15:50ファイナル31~39
15:50~17:00C中学(第二志望)の国語(前年度)
17:00~18:30ラウンド100(社会)
18:30~19:30要ラスト
夜:19:30~20:00飯&休憩
20:00~書きぞめ

うわ、こんなやったたんだ。覚えてない参考書がたくさんある。

めっちゃやってますね。でも、元旦に書き初めとか小学生らしい。

多分、小学校の宿題ですね。「B中学合格」とか書いてた気がします。

4. <二>ご褒美のセッティング

Elisha Terada

モチベーション管理はどうしてました?

 モチベーションには、

  • 自然にやりたくなる内発的動機付け
  • 外部からの圧力でやろうとする外発的動機付け

があります。勉強習慣がない人は内発的動機付けに期待できません。そこで外発的動機付けです。

外発的動機付けの基本戦略は、昔からご褒美と相場が決まっています

 まずは、「プロセス」に関してですが、「記録」がよいですね。勉強が積み上がっていくのは気持ちがいいです。

 中学受験のときは、紙にシールを貼り付けてました。大学受験の時にはスタディープラス(後述)を使ってました。

 次に、「結果」に関してですが、模試の成績で目標とご褒美を設定してました。中学受験時代は、親に目標を宣言してピザを頼みました。

 「結果」の目標は、「行きたい方向」へ向くようにセットします。

 この段階で「行きたい地点」からの逆算はダメです。逆算すると、地に足がついてない実現不可能な目標が生まれちゃいます。

注意すべきことは…

「権力は腐敗する」。

 自分で自分に褒美を与えるので、権力の腐敗が起きやすいです。他人も巻き込むことで、確実に実行されるような工夫をするべきです。

勉強習慣化のための初めの一歩
  • ご褒美の設定
  • 他人も巻き込む

5. <三>自分に合った参考書選び

micah boswell

参考書選びですが…

 このページを見てくださっている方は、きっとまだ基礎ができていないと思うので、定評ある参考書を手元に置きつつ、基本的な問題集を中心に勉強されるといいと思います。

 インプットとアウトプットで言えば、アウトプットの方が断然、学習効果が高いので問題集中心で学習するのが良いです。

 また、基本が大事なので見栄を張らずに、基本的な本を使ってください。

 中学受験のときは、確か四谷大塚の参考書の基本問題だけを何度も何度も解き直してました。最初、応用問題は解きませんでしたね。

難しい問題を解いて思考力を伸ばすというやり方もあると思いますが…

 そうですね。僕(というか僕の母親)は「基本の問題を何度も繰り返してマスターする」方針だったので、↑みたいなやり方になりました。

 たしかに、僕は受験の専門家ではないので、本職の人から見たら間違った使い方かもしれません。

 しかし、「基礎の大事さ」は、某大手大学受験予備校でもうるさいくらい言われましたし、本当にそうだと思います。

難しい本買いたがりマン」や「参考書コレクター」についてどう思いますか?

大学受験期の僕ですね..

 背伸びしても、一瞬「背伸びしてる自分」に酔えますがすぐに酔いは覚めます。酔いが覚めたら、「参考書挫折」してしまうので意味ないです。

 参考書を買うことは希望を買うことですが、学力は買えません。自分目線で考えて、「自分にとって」最適な本を選ぶのが大切です。

 最適な本であれば、甘いマーケティング文句につられて「参考書浮気」するのは得策ではないです。

(自分のことを棚に上げて、まさかこんなの言う日が来るとは…)

勉強習慣化のための初めの一歩
  • 自分に合わない参考書はそっと戸棚にしまう
  • 自分に合う参考書を選ぶ
  • 甘いマーケティング文句につられて浮気しない
広告

6. <四>メンタル管理

Dan Smedley

 勉強中の辛さにはいろんなものがあります。これは受験の話になっちゃいますが…

  • 受験初期:他人との比較「え、あいつ、あんなに成績よかったの?」
  • 受験中盤:成果の伴わない時期「勉強やってるのに成績上がらない…」
  • 受験後半:時間の有限性「やばい、あと何ヶ月だ…」
  • 受験最終盤:限界突破前「もう勉強疲れた。もうやめたい」

勉強習慣をつけるときは、一番最初の精神状態と同じですね。

でも、「あいつはもうあんなに先に行ってる。ガーン」は、仕方ないです。気にしないことが大事です。

 僕は人生には「賢さ」が大事だと思ってます。

ほう。その心は?

過去や基本的な人格は変えられないと諦めることです。
ここで僕の好きなアニメの一節を一つ。

我々の大方の苦悩は、あり得べき別の人生を夢想することから始まる。

自分の可能性という当てにならないものに望みを託すことが諸悪の根源だ。

今ここにある君以外、ほかの何者にもなれない自分を認めなくてはいけない。

森見登美彦『四畳半神話大系』

 まずは、このような厳然たる事実を受け止めた上で、最善手を打っていく。結局これが大事なのです。

 もちろん、いろいろ危機感を煽る「物語」があるのは事実です。

 けれど、人間には頭があります。心があります。「きっと克服できる」と自分に言い聞かせてください。

勉強習慣化のための初めの一歩
  • 現状を受け入れる
  • 「きっと克服できる」と言い聞かせる

<広告>
元気の出る音楽を聴くのもいいですよね。
当ブログでは「しまうま音楽ラジオ」があるので、要チェックです。

藤巻亮太 「3月9日」 (カロリーメイトCM『夢の背中』篇フルバージョン)
3月9日(受験生バージョン)

7. 習慣化にとってダメなアイデア11選

Alexandre Chambon

ところで、めっちゃ勉強習慣について語ってますけど、本当に「勉強時間ゼロ」から東大なんですか?

中高一貫校では中だるみするんですよ。
勉強時間は最後まで不安定で、苦労しました。

では、実体験を元に、勉強習慣化の難所を一挙解説してください!

任せてください!

唐突なやる気

 急に勉強のモチベーションが上がって、勉強し始めること。馬鹿力はマッチのようにすぐに燃えつきます。持続不可能で、2週間以内ににリバウンドが来ます。

 短時間勉強から始めましょう。

参考書浮気

 本屋の参考書コーナーに行くとたくさんの本があります。この参考書をマスターしたらさぞかし成績は上がるだろうと思って、買ってきますよね?

 しかし、衝動買いした参考書に良書はなし。自分に合った参考書を選んでください。

理想に基づいた勉強計画(時間管理編)

「この時間は使えるから、これやって〜。え、7時間勉強できるじゃん。やった〜」

 →できません。他人から見たら「無謀な勉強計画」です。短時間勉強から始めてください。

理想に基づいた勉強計画(勉強進度編)

「一日何ページやったら…え?1ヶ月でチャート式数学マスターできるじゃん。やった〜」

→以下同文

身の回りの片付け

 普段しないのに片付けしたくなるのは、勉強したくない気持ちの裏返しです。スマホの電源切って、リビングのテーブルでやればいいだけです。

それに勉強机で勉強って、誘惑多すぎてできなくないですか?

名言を読む

今頑張れないやつは、一生頑張れない。

今頑張れるやつは一生を頑張れるかもしれない。

吉野敬介先生(古文)

 名言に後押しされて、勉強したくなることはありません。名言は出会うもので、検索して見つけるものではありません。自己啓発本も同じです。

 読むなら偉大な本を読みましょう。まとめサイトなんてクソくらえです。

 それに名言なんてどうでもいいです。短時間でいいので、実際にやることが大事です。

早寝早起き

 「早寝早起きすれば勉強できる」も関係ないです。早寝早起きは生活習慣の改善であって、勉強習慣の構築と同じくらい難易度が高いです。

 英気を養いたいなら、今からの30分間昼寝で十分です。

 ちなみに、このような「より大きな解決を目指す対処」のは「地に足がついてない対処」として有名です。

効率のよい勉強法の研究

 まずは、勉強習慣を身につけるのが、先決です。勉強習慣がついていない段階では、量を0から1にすることが最優先課題で、質は後回しです。

 目新しい規則は少なければ少ないほど、身につけやすいです。わざわざ、規則を増やして自滅の道を歩む必要はないです。

 勉強が軌道に乗ってきたら、効率の良い勉強法を模索するのがいいと思います。

なぜ受験するかの理由探し

 「受験生は並々ならぬ志望理由・情熱持とう!」と某大手受験予備校で言われたので、理由を探しました。

しかし、出てくるのは取ってつけたような理由だけでした…

 ですが、受験には理由はいりません。勉強して合格者最低点取れば受かります。

 ただし、自由な空間で充実感をもって生きるには「意志」が大事です。理由ないと、大学に入って堕落します。

まあ、理由持ってる人も「理想と現実のギャップ」に悩まされるのは同じですけどね…
そこから、どう行動するかで人間としての真価が問われると思いますね

自分探しの一人旅

自分の意志を探すのは、最悪な形で具現化しましてね。

 一人旅です。もちろん、親には内緒で、始発に乗って逃げるように受験勉強からグッバイしました。

 一浪夏ですね。青春18切符をかって、10日間日本を回りました。予算は5万円。

 漫画喫茶に泊まれば、ナイトパックで2000円以内で済みます。ちなみに、お盆はナイトパック使えないので割高になります(経験談)。

 メモ帳もって旅したら、やる気出るかと思ったら…出ませんでした。

 むしろ、2ヶ月に渡って勉強時間ゼロ期間が続きました。逃げちゃダメです。

 「自習室に行く勉強習慣」を身につけたことでなんとか挽回できました。

<賛否両論>勉強SNSを使う

スタディプラス

 SNSについてですが、これには賛否両論あります。

 メリットとして、

  • 勉強を記録することで、モチベーションが上がる
  • 頑張ってる人から刺激をもらえる
  • 時間や科目配分が客観的にわかる(スタディープラスの場合)

があります。

 一方で、デメリットとして、

  • 他人の成績自慢に悩まされる
  • 記録が目的化して、スキマ時間勉強やちょっとした復習といった『記録されないけど大事な勉強』が疎かになる
  • 勉強SNSを眺める時間が増える

があります。

 使うかどうかは、自分に合う合わないで選んでください。

ちなみに、勉強SNSでやばいやつとかいました?

やっぱ、ネットなのでいろいろいましたよ。

スタティープラス:毎日20時間勉強してる猛者

ツイッターの#勉強垢:全国模試での最上位者、男性ファンが多い女性受験生とそのアンチ

5ちゃんねる「大学受験サロン」:高学歴至上主義者たち

広告

なるほど…
まとめるとこんな感じですね。

習慣化にとってダメなアイデア
  • 唐突なやる気
  • 参考書浮気
  • 理想に基づいた勉強計画(時間管理編)
  • 理想に基づいた勉強計画(勉強進度編)
  • 身の回りの片付け
  • 名言を読む
  • 早寝早起き
  • 効率の良い勉強法探し
  • なぜ受験するかの理由探し
  • 自分探しの一人旅
  • (勉強SNSを使う)

8. まとめ

pixpoetry

まとめると、勉強の習慣化のためには

勉強時間の取り方
  • 5分間の瞬間的な勉強時間を一日に何度も取る
参考書選び
  • 自分に合わない参考書はそっと戸棚にしまう
  • 自分に合う参考書を選ぶ
  • 甘いマーケティング文句につられて浮気しない
モチベーション管理
  • ご褒美の設定
  • 他人も巻き込む
メンタル術
  • 現状を受け入れる
  • 自分は克服できると言い聞かせる
広告

ということですね。前者くん!

はい!

ところで、東大の生活はどうですか?

じ、実は東大に入ってからは堕落してしまって進振りに苦労しまして…

…(あ、これ聞いちゃあかんやつ)
本日はありがとうございました

執筆・編集:しまうま

インタビュイー:T氏

タイトルとURLをコピーしました