【TENETテネット】ニールの最後・死亡の経緯は?11枚の画像で考察

 「しまうま経済学研究所」管理人のしまうまです。今回は、クリストファー・ノーラン監督のテネットのある謎について考察をします。

 それは、ニールは最後にどうなったのか?死亡したのか? 

 という謎です。

 その中で、赤い紐の男とニールの関係はなにか?そもそも最後の戦闘の意味はなんだったのか?についても考察します。

 解説用の画像を11枚用意したので、わかりやすい図解になっているとおもいます。

1、スタルフスク12の作戦の意味

 まずですが、最後に戦闘が起きた廃墟都市は、旧ソ連時代の事故により地図から消されたスタルフスク12と呼ばれる町です。敵のリーダーであるセイターの故郷でもあります。

 セイターはここで「アルゴリズム」を完成させようとしていました。

 アルゴリズムとは時間逆行装置の超高機能のバージョンで、世界全体の時間を逆行させることができます。この時、世界は滅びます。膵臓ガンで死ぬ間際のセイターですが、未来人との契約により自分の死ともに世界を道連れしようとしています。

 主人公たちは、セイターの部下がアルゴリズムの完成をさせることを防ごうと考えています。これがスタルフスク12の戦いの戦略目標です。 

2、観客・主人公目線

 まず映画の流れに沿って、何が起こったのかについて整理します。映画では、順行する主人公と観客は同じように観ますから、これは主人公と同じ時間の進み方です。

(1)ドアの向こうに倒れる赤い紐の人間

 スタルフスク12のアルゴリズムの完成予定地に主人公の味方は急ぎました。しかし、鉄格子の扉が閉まっており、敵がアルゴリズムを完成させようとするのをとめることはできません。

 なお、この時生きている3人は順行人間です。 

 この際に主人公は赤い紐をつけた人間が倒れていることに気が付きます。

(2)生き返る逆行人間

 敵は脅威を完全に排除するために、主人公たちにむけて発砲します。しかし、不思議なことに敵の銃弾は急に起き上がってきた謎の逆行人間にあたります。

 敵が驚いている隙に、逆行人間は扉の鍵を開けます。 



(3)アルゴリズム奪還

 そして主人公は戦闘に勝利しアルゴリズムを奪還します。

 爆発の寸前ですが、上からロープがおりてきます。主人公と味方はこれにつかまり、穴の中から脱出します。

(4)スタルフスク12爆発とニールとの再会

 こうして、主人公の味方は間一髪でスタルク12の爆発から助かります。このときも引き上げたのは車に乗っていたニール(順行)でした。

 ここで主人公はニールの脇に赤い紐がついているのに気がつきます。そして、ニールは意味深な別れを告げます。

(5)最後のシーンの意味は?

 ここで観客は「ニールが死ぬっぽいことはわかったけど、どうして?」というようなハテナマークが浮かびます。

 そして、映画がおわったあとで「え?わかった?」「おもしろかったけどわからんかった笑」という会話を友達とするわけです。

 ここでは、ニール目線で映画の続きをみていきます。

3、ニール目線の映画の続き

(1)主人公との再会

 主人公をスタルフスク12の爆発から助けたニールは「過去の彼らの援護をしなくてはいけない」と、地下にある逆行装置にむかいます。 

(2)逆行人間となったニール

 逆行装置にはいったニールは逆行人間となってでてきました。ここでニール目線では世界は未来から過去に向かって流れていくようになります。

(3)戦闘が終わった頃に遭遇

 ニール目線ではすべて逆に起きています。ですので、主人公(順行)目線でアルゴリズム獲得したことは、ニール(逆行)にとってはアルゴリズムを手放すことです。

 同じ様に考えると、敵が這い上がってくるように見えるはずです。

(4)ドアを閉めなくてはいけない

 ニールはドアの存在に気がつきます。ドアが閉まっているとアルゴリズムのもとに主人公は近づけません。

 さらに、直前に主人公が入るために使った入り口が爆破されていますから、主人公が助かるには穴の上からニールが引き上げければいけません。そのためにも、このドアを「主人公目線で開けなくてはいけません」。これは「ニール目線で閉めなくてはいけない」ことを意味します

(5)ニールは鍵を閉める

 ニールは、主人公たちがドアの向こう側に行ったのを確認するまで、ドア横で待機します。そして彼らがドアの向こう側に行ったのを確認してから鍵を閉めます

(6)ニール死亡シーン

 しかし、ニールは近づいてきた敵が発砲した(見た目)逆行弾で死亡します。この「ニール(逆行)が倒れる」ことは、主人公・観客(順行)にとっては「ニールが起き上がる」ようにみえます。

 ですので、赤い紐の人間が起き上がったシーンは実はニールが死亡したシーンだったのです。

4、おわりに すべてを知っていた主人公

 聡明な主人公は赤い紐の人間がニールだったと気づいた時点で、ニールがいまから死ぬことに気がつきます。

 しかし、ニールを止めきることはできません。なぜなら、ドアを開けるニールの存在がアルゴリズム奪還という戦略目標を達成することに不可欠だからです。

 主人公は確実な死が訪れるニールを複雑な面持ちで見送ります。これがテネットのスタルフスク12戦闘の最後のシーンの意味です。

未分類
交流スペース(感想など!)
まれびと114157
どこにありますか?
しまうま
114157さん、発表うまくいって何よりでございます。アメリカ史はこちらにございます。「https://info-zebra.com/usa-history/」
しまうま
[富の偏在]世界と日本における経済格差に関する新記事を公開しました。ぜひご一読ください!https://info-zebra.com/wealth-share-2020/
読者127642
読者127642
社会における学校の役割って何でしょうか
読者127642
レポートにまとめないといけないのですが、序論から思いつきません(´;ω;`)
しまうま
127642さん、コメントありがとうございます。最重要な視点は「⓪親はなぜ十分な教育を子供に与えることができないのか?」という問いです。すぐに思いつく答えは「⓪親は質の高い教育ができないから」ですが、「①昔のように家を継ぐ場合」はそんなことないですし、「②できなければ家庭教師をつければいい」のです。
しまうま
となると、①から「①現在は高度な産業社会で職業の自由があること(需要)」、②から「大人数で教育することで費用を分担する(供給)」という存在理由が見えてきます。
しまうま
しかし、なら私立学校で十分です。公立学校の存在意義を考えるには、「③教育の効果を親が過小評価しがちなので「賢い政府」が適切な教育を施す必要がある(効率性)」「④教育の効果を把握していても貧しい親は教育費用を負担できず不公平が生まれる(公平性)」というのも大きな理由です。
しまうま
とはいえ、一番書きやすいのは①でしょう。近代化による産業の高度化、公教育の開始などについて調べてみてはいかがでしょうか?
読者127642
返事がいただけるとは思ってなかったです(´;ω;`)ありがとうございます!ちなみに、先生から出されたテーマがその社会における学校の位置づけ あるいは 学校の中で生活することが個々人にとってどのように機能しているか なんですが、そのテーマから問題を探すんですか(@_@。? レポートを書くのが初めてで何もわからなくてすみません(;_;)
しまうま
いえいえ、コメントいただけると嬉しいので笑 前者のテーマでは学歴社会・産業社会・文化の継承、後者は青春の思い出・人格形成・社会人になる準備みたいな視点がぱっと思い浮かびますね。1〜2枚程度の軽いレポートでしたら割と適当に書いてよいと思います。
読者127642
1~2枚くらいでいいんですが、軽く適当にがわからなくて(´;ω;`)
しまうま
図書館の「教育」のコーナーに行って、2〜3冊くらい借りて読んでみてください。それで論点と理屈と結論が思い浮かんだら、それをレポートに書きましょう。根拠として本や統計の引用をして参考文献録をつけたらレポートの完成です。
読者127642
ありがとうございます!明日学校の図書室に行って本調べてみます(#^^#)
読者127642
しまうまさんみたいにレポートの達人になりたい…
しまうま
ちなみに大学1年生ですか?
読者127642
専門学校1年生です
しまうま
そうなんですね!慣れないレポートで大変かと思いますが、頑張ってくださいねd(^_^o)
読者127642
単位のために!これからも出るであろうレポートと仲良くなるために頑張ります!このサイト作ってくれてありがとうございます(#^^#)
読者134565
TENETの解説わかりやすかったです
しまうま
134565さん、ありがとうございます!
読者147170
うえーい
読者147784
むっずかしい
読者149700
敵があった銃弾の行方だけ分かっていないんですよね。敵の撃った銃弾は後ろ歩きしていったニールに張り付いていたことになるのでしょうか?
しまうま
149700さん、ありがとうございます。ニールは生きていますから、銃弾は貫通してドアに刺さっているはずですというのが答えになると思います。しかし、この問いはテネットの抱える矛盾の一つです。ドアが作られた時に銃弾も一緒に作られていることになるからです。同じような例が高速道路のカーチェイスにあります。ドアのミラーから銃弾が「抜かれる」ようなシーンがありますが、自動車工場でミラーに銃弾を埋め込んで製造したことになります。これは明らかにおかしいです
読者150373
回答ありがとうございます.ニールが庇ったところから貫通していたとすると主人公に結果当たってしまうのではないかといったところも気になりましたが,やはり多少の矛盾は出てきてしまうのは避けられないのかもしれませんね.事象としては理解できました.ありがとうございます.
しまうま
いえいえ、こちらこそコメントありがとうございました!
読者155126
てすと
読者155263
価値観の多様性→能力の多様性
読者157492:
Customize
しまうま経済学研究所
タイトルとURLをコピーしました