経済学でいう長期

経済学用語

 経済学において長期(long run)とは、社会がすでに調整されきった状態をいう。

ミクロ経済学での用法

 ミクロ経済学における長期とは、企業は利潤最大化のためにすべての生産要素の調整をすることができる状態である。

 例えば、長期では工場の撤退・建設をすることができる。逆に短期では今ある工場しか使えない。

マクロ経済学での用法

 マクロ経済学における長期とは、価格が柔軟に変動し需要供給が一致する状態である。

 ここでは市場メカニズムがうまく働き、効率的な資源配分問題が解決できる。

 新古典派経済学者はこの立場をとる。

 一方で、ケインズは「価格は硬直的で需要と供給は一致しない」と考え、「短期」を扱うケインズ経済学を創始した。

 このタイプの経済学者をケインジアンという。