費用

経済学用語

 費用(cost)とは、企業経営によって失われるお金である。いくつか種類があり、捉え方がことなる。

1、生産量との関係で捉えた費用

(1)種類

 生産量との関係で費用を分類することができる。

  • 生産量ゼロでもかかる→固定費用FC
  • 生産量によって上乗せされる→可変費用VC

である。FCはFixed Cost、VCはVariable Costs の略である。

 このとき、

  • 総費用TC=FC+VC

である。TCはTotal Costsの略である。

(2)定式化

 生産量によって変わるので、費用関数C(Y)を用いて表す。

(3)限界費用

 生産量を限界的に1単位増やしたときに、増える費用を限界費用MCという。

 限界費用MCは、費用関数を生産量で微分して(dC/dY)得られる。

(4)平均費用

 費用Cを生産量Yで割ると(C/Y)、平均費用ACになる。

2、生産要素との関係で捉えた費用

(1)種類

 労働や資本といった生産要素によって、生産される。

 したがって、何に費用が支払われることになるかで分類することができる。

 労働の費用は人件費といい、労働を供給した労働者に配分される。

 資本の費用は資本レンタル料といい、資本を供給した資本家に配分される。

(2)定式化

 人件費はwLで表せる。

 資本レンタル料はrKで表せる。

3、ビジネスチャンスとの関係で捉えた費用

 経営において現実に無くなったお金を、「会計上の費用」という。

 一方で、他のビジネス機会をモノにしていれば得られた逸失利益を、「機会費用」という。

 これらを合わせて、「経済学上の費用」という。

  • 利潤=収入ー経済学上の費用

であるので、利潤=0の場合でも、会計上は機会費用分儲けている。

4、負担者の有無で捉えた費用

 私的費用とは、取引の当事者が金銭的に失った費用である。

 外部費用とは、取引の当事者以外の損失である。

 私的費用と外部費用を合わせて、社会的費用という。