限界評価

経済学用語

 限界評価とは、追加的に財1単位を手に入れるのに、「最大でいくらなら払ってもいいか?」を意味する概念です。

 最大留保価格とも言えます。

 部分均衡理論で前提となる準線形の効用関数では、限界効用と一致します。

 そのため、限界評価曲線=限界効用曲線=需要曲線の関係が成立します。