限界生産性逓減の法則

経済学用語

 限界生産性逓減の法則(Law of Diminishing Marginal Productivity)とは、生産要素が多くなると徐々に生産性が下がっていくことである。

 たとえば、

【すでにパソコン1台持ってる中でプラス1台で伸びる生産性】は

【パソコンを持ってない状態でプラス1台で伸びる生産性】より少ない。

 この生産性の低下をグラフにすると、下図のようになる。

 資本Kを増やして伸びる生産量が右に行くほど少なくなっている。

 なお、伸び率が下がっていることは、生産関数を用いて数学的には次のように表せる。

 これは上図で接線の傾き(=f'(K))が、どんどん小さくなっている(=f”(K)<0)ことからもわかる。

 「なにをくだらないことを」と思われるかもしれないが、企業の利潤最大化行動、経済成長を考察する上で非常に重要な役割を果たす。