雇用・利子および貨幣の一般理論

経済学用語

 『雇用・利子および貨幣の一般理論』は、1936年に発表されたケインズの経済学書である。

 失業問題に対する財政政策金融政策の有効性を主張し、自由放任を是とする従来の経済学に意義を唱えた。

 これにより、マクロ経済学が誕生したと言われることもある。