完全失業率

経済学用語

 完全失業率とは、15歳〜64歳以下の労働人口のうち、働く気があるのにもかかわらず、職が見つからない人の割合。

 完全失業率をできるだけ0%に下げることが政府の重要な政策目標。

  • 完全失業率=非自発的失業者/労働力人口

 失業は生活水準・生活満足度を大きく低下させるため、高すぎる完全失業率は社会問題になる。

 また、労働が有効活用されないことによる社会的損失、失業者のための社会保障による損失も発生する。

 なお、現行賃金に納得ができず、自発的に失業する「自発的失業者」は含まない。