流動性選好説

経済学用語

 流動性選好説(Liquidity preference theory)とは、「貨幣の価値は交換しやすさである流動性である。利子率は、わざわざ流動生の低い債券を保有したことの報酬である」としたケインズの説である。

 なお、貨幣(money)のもう一つの用語は通貨(currency)であるが、こちらは流動性と似た意味である。