なぜ経済学では数学を用いるのか

経済学用語

 なぜわざわざ日常のコトバから離れて、数式であらわすのだろうか?

 理由はコトバが不便だからである。

 3つの理由を挙げたい。

  • 理由1:コトバは冗長

 モデルはもちろんコトバで表すことができるが、コトバは長ったらしい。

 「値段が変われば買いたい量が変わる」というモデルは16文字である。

 一方で、数式だとq, p, Dだけであらわすことができる。

  • 理由2:コトバは量を表しにくい

 また、コトバだと「どのくらい?」を表すのがめんどくさい。そして「どのくらい」は致命的に重要だ。

「これは儲かるよ」

「どのくらいお金もらえるの?」

「1万円かな」

「いいじゃん。どのくらい働けば?」

「1ヶ月」

「ふざけんな」

 一方で、数式だと量を表すことが簡単だ。

  • 理由3:コトバだと、複数のモデルの統合が難しい

 最後がじつは最も重要だ。

 一つのモデルでは役に立たないことが多いので、人は複数の小さな世界観を統合しなくてはいけない。

 このときコトバでは多大な労力が必要となる。

 例えば、

  • 「値段が変われば買いたい量が変わる」

に加えて

  • 「企業は値段が上がると儲かる」
  • 「企業はたくさん生産すると儲かる」
  • 「企業はたくさん生産するとコストがかかって損する」

 というモデルを統合して

  • 「どのような量を企業は生産するのか?」

 というモデルを作ろうとする。

 これはあまりに複雑だ。

 しかし、それぞれを定式化してやればクリアに理解できるのである。

 こういったこともあり、経済学では数式を使う。コトバで表すよりはるかに便利だ。

 知性に限界が存在する人類にとって、経済学で数学を用いることのメリットは大きいのである。