文系にやさしいミクロ経済学

 ミクロ経済学(Microeconomics)は、合理的な意思決定をヒントに社会の全体像を描こうという壮大なプロジェクトです。

 ここから導かれるのは、価値をめぐる体系です。

 概念上は効用・利潤・利得などが使われますが、これらは「価値」をそれぞれの目線で言い換えたのにすぎません。

 また、ミクロ経済学は「すべての人がそれぞれの価値観と能力限界をもって存在している」を出発点に議論をスタートさせます。

 ミクロ経済学は多様な価値観が調和する現実社会を構想するので、万人の共通言語になりうる学問です。

1、社会厚生のための経済学(需要と供給)

【理論】部分均衡分析

(1)重要概念

<市場>

<社会厚生>

(2)市場均衡

  • 市場メカニズム:経済学は資源配分を研究する学問です。価値を生成する供給者から、価値を欲する需要者に、どうすれば効率的に希少な資源を配分することができるでしょうか?経済学者の回答は市場メカニズムです。

(3)社会厚生の分析

  • 余剰分析:市場メカニズムによって需給均衡に達することはわかりました。では、果たして需給均衡は社会にとって「どれほどよい」のでしょうか?ここでは社会厚生を定量的に把握する理論をご紹介します。

(4)不完全競争での経済行動

  • 独占企業の戦略:ある財を生産する企業が1社しかいない場合を独占と言います。価格支配力を持つと言う点で完全競争とは異なります(=不完全競争)。どのような戦略を取るべきかを利潤最大化から導きます。
  • 寡占企業の3大戦略:ある財を生産する企業が少数しかいない場合を寡占といいます。ここでは、2社しかいない場合にとりうる合理的な戦略を3つご紹介します。

【議論】均衡と、よき社会

(1)市場の安定性

  • 市場の安定性:需要供給曲線の交点で、需給均衡が達成されます。では、一度、均衡から外れてしまっても、必ず均衡に達する安定性をもった市場はどのような市場でしょうか?

(2)非競争市場による社会損失

※解決策は自由競争

  • 政府介入による社会損失:
  • 貿易政策による社会損失:
  • 独占企業による社会損失:

(3)「市場の失敗」の解決法

※自由競争が解決策にならない

  • 公共財の最適供給:経済学部と双璧をなす法学部の存在意義をどう経済学に取り込むべきでしょうか?司法・治安・国防は、誰でも使えてしまい減りもしません。儲からないので、企業が生産することはありません。これは、公共財の最適供給問題として定式化することができます。
  • 所得分配による公平性の確保:市場メカニズムによって社会厚生が最大化します(=効率性)。しかし、公平性は市場メカニズムによって達成されません。所得分配が解決策になります。
  • 公害の最適化(負の外部性):第三者の損益が市場に反映されないと、効率的な資源配分に失敗します。第三者の損失(負の外部性)がある場合、過剰供給で死荷重が発生します。この解決策を探ります。
  • 教育の最適化(正の外部性):第三者の損益が市場に反映されないと、効率的な資源配分に失敗します。第三者の利益(正の外部性)がある場合、過少供給で死荷重が発生します。この解決策を探ります。
  • 自然独占の価格規制:

【検討】意義と批判

  • 部分均衡分析の意義と批判

2、経済活動の一般理論

 経済の登場人物は、財を需要する消費者、財を供給する企業に大きく2分することができます。

 では、消費者と企業が合理的だとしたらどのような行動をとるのでしょうか?

  • 消費者=効用最大化を目指す
  • 企業=利潤最大化を目指す

と捉えて議論をします。

 現実は必ずしもこのように動いてはいませんが、「消費者・企業にとって本質的に何が得であるのか?」という議論をする際の基準点を提供してくれます。

2-1、消費者行動の理論

【理論】行動モデル

(1)重要概念

<行動原理>

<効用>

<予算>

(2)合理的な行動(満足度の最大化)

  • 無差別曲線で考える効用最大化:人は実に多様な振る舞いをします。では、行動を統一的に理解するモデルはないのでしょうか?制約の中で満足度を最大化する人間像を提示します。

(3)合理的な行動(お金の節約)

  • 無差別曲線で考える支出最小化:人は支出を最小限に抑えることを考えます。では、支出最小化と効用最大化は矛盾しているでしょうか?両者が表裏一体であることを示します。

【議論】行動分析

(1)よい社会とはなにか

  • 消費者にとっての効率性条件:いい社会とはイデオロギーではなく、一人一人の幸福によって測られるべきです。これは人々が効用最大化できている社会と言い換えることができます。では、いい社会の条件とはなんでしょうか。

(2)貯金とは何か

  • 消費か貯蓄か人は予算をすべて使い切るわけではありません。では、どのように消費と貯蓄を決めるのでしょうか?異時点間の消費選択による効用最大化として定式化します。

(3)働くとはなにか

  • 労働か余暇か:働くことは人生の中心命題です。では、労働とは一体なんでしょうか?労働の対概念として余暇を導入し、余暇と消費の選択による効用最大化として定式化します。

【検討】意義と批判

2-2、企業行動の理論

【理論】経営モデル

(1)重要概念

<行動原理>

<企業経営>

<経営資源>

<市場環境>

(2)合理的な経営(儲けを増やす)

(3)合理的な経営(コストカット)

  • 生産関数(資本と労働)から導く費用最小化
  • 費用関数(長期と短期)から導く最適規模

【議論】経営分析

(1)よい社会とはなにか

  • 企業にとっての効率性条件

(2)経営判断の解釈

  • 供給曲線(参入・赤字経営・撤退の意思決定)
  • 労働者と資本家への報酬はどう決まるか

【検討】意義と批判

  • 企業理論の意義と批判

2-3、一般均衡分析

【理論】一般均衡分析

(1)重要概念

<社会厚生>

<社会厚生の実現方法>

  • 厚生経済学の第一基本定理:市場均衡は効率性を達成するという理論経済学の最も重要な定理です。自由主義市場経済を理論的に擁護します。
  • 厚生経済学の第二基本定理:所得分配を行えば任意の効率性を、市場を通じて、達成することができるという定理です。所得分配を理論的に擁護します。

(2)2財の一般均衡モデル

  • 交換経済と生産経済(2財モデル)の構築貨幣を導入しないで、社会的に望ましい状態を実現するにはどうしたらいいでしょうか?2財モデルを視覚的に理解できるエッジワースボックスを用いて、考えます。

(3)n財の一般均衡モデル

  • 一般均衡モデルの構築:合理的な消費者行動と企業行動が織りなす、市場をどのようにモデル化すべきでしょうか?視覚的な理解もいいですが、最終的にはn財の交換経済+生産経済をモデルしたいです。これを一般均衡モデルといいます。

【議論】均衡と、よき社会

(1)2財:市場は効率的(第一基本定理)

(2)2財:所得分配による公平性の管理(第二基本定理)

(3)n財:需給ギャップについての法則

  • ワルラス法則の証明:一つの市場が均衡したとして、他の市場が不均衡に陥ることはあるのでしょうか?ここでは、すべての市場での需給ギャップを合計するとゼロであることを証明します。これをワルラス法則と言います。n財モデルの超過需要関数を用いて示します。

(4)n財:お金とはなにか

  • 貨幣とは何か?相対価格こそが重要価格メカニズムについては扱っても、お金とは何か?はいつまで経っても結論が導かれないのがミクロ経済学です。そこで、まず価格の何が実体経済に影響を及ぼすかについて議論したあとに、お金の本質に迫ります。

(5)n財:一般均衡の存在証明

  • 市場均衡は存在するのか?:市場均衡が社会的に望ましいことはわかりましたが、すべての市場が同時に均衡するような価格体系は存在するのでしょうか?すこし難しいですが、証明してみます。

(6)n財:厚生経済学の基本定理

厚生経済学の基本定理の証明(ミクロ経済学の力)

 こちらは上級者向けの話題です。ぜひ神取先生の解説をご覧ください。

【検討】一般均衡分析の意義と批判

3、社会現象の一般理論

3-1、ゲーム理論(完備情報)

【理論】ゲーム理論

(1)重要概念

(2)ゲームの基本的なモデル

  • 利得表(同時になされるゲーム)
  • ゲームの木(時間経過のあるゲーム)

(3)重要行動のモデル

  • ランダム行動のゲーム
  • 繰り返しゲーム

【議論】現実への応用

  • 囚人のジレンマ
  • 中位投票者の定理
  • コミットメントの重要性
  • 繰り返しゲームとコミュニティーの力

【検討】意義と批判

  • ゲーム理論の意義と批判

3-2、ゲーム理論(不完備情報)

【理論】情報の経済学

(1)重要概念

  • 情報の非対称性

(2)不確実性の理論

  • 期待効用の理論

(3)契約後の情報についての非対称性

(4)契約前の情報についての非対称性

【議論】現実への応用

  • 保険の社会的意義
  • 株主視点での経営者報酬の決定
  • 学歴差別

【検討】意義と批判

  • 情報の経済学の意義と批判

ミクロ経済学
↓SNS共有はこちらから↓
しまうま

<自己紹介>
 万人の共通言語となる世界観を追い求めて、ブログを執筆しています。
 
<経済学について>
【可能性】万人にとってよい社会を構想する共通言語になりうる
【長所1】個別的な議論を排し、統一的に説明する
【長所2】ゼロかイチかの極論を排し、最適点を導く
【長所3】独善的あるいは自傷的な社会通念を排し、価値観や能力の多様性を重視する
【短所】体系的な知識が必要であり、難しい

交流スペース(送信or改行で投稿)
しまうま
しまうまだよ
まれびと2008
わかりやすいです!
まれびと2030
<minishock>
まれびと2030
<zzz>
まれびと2030
ねむい
まれびと2030
( ・ิω・ิ)
まれびと2030
おーい
まれびと2030
おおおおおーーーいいい
まれびと2030
授業ねむい
しまうま
2008さんありがとうございます!
しまうま
2030さん、は〜い笑
まれびと3295
こんにちは^ー^
まれびと3498
やっはろー
しまうま
3295さん、3498さん、こんにちは〜
まれびと5147
めっちゃ分かりやすい
まれびと5147
大学の先生より分かりやすい
しまうま
5147さん、ありがとうございます!ウレシイ!どちらの記事でしょうか?
しまうま
みなさまもぜひコメント残していってください
まれびと9305
正の外部性を内部化する為の補助金は、何故私的最適均衡点でなく社会最適均衡点に合わせて出されるのですか?補助金で外部経済が内部化されるのはわかりますが、初めにあった死荷重はどうなった?外部経済・死荷重にも重ならない分の補助金(右端の三角形)はどうなるんです?ご教授下さい…
しまうま
9305さん、ご質問ありがとうございます。ご質問3点は、正の外部性のページにある図4〜図8を順番に見ていただければ解決すると思います。1点目は図4〜図8、2点目は図4・図5・図7、3点目は図4・図7が対応しています。
まれびと4054
賃金に所得税が課されると労働時間はどうなるでしょうか?
しまうま
4054さん、コメントありがとうございます。結論からいえば、「場合による」が答えになります。合理的な労働者目線で、所得税課税は賃下げと同義です。単純にみれば、労働のインセンティブが減るので、労働時間が減ります※1。これがスタンダードな結論です。しかし、無差別曲線理論では、賃下げで労働時間が増える合理的な行動の存在を予想しています※2。労働曲線の後方屈曲性という現象です。例えば、時給5000円で月8時間家庭教師する東大生が、国に時給当たり所得税3000円を徴収されたら、生活水準を維持するために労働時間を増やすでしょう。もともと月4万円のバイト収入があったのに課税で1.6万円になったのでは、デート回数を減らすことになるのだから仕方ありません。これは所得税課税で労働時間が伸びる例です。他の
しまうま
賃金と労働時間に関する興味深い例(こちらは所得税とは関係ありませんが...)にはニューヨークのタクシー運転手の例があります。彼らは時給が上がると、労働時間を減らすらしいのです。面白いですよね。なお、※に対応する当ブログ記事は※1→「https://info-zebra.com/koyo-kettei/」、※2→「https://info-zebra.com/roudo-kyokyu/」です。
しまうま
みなさまもぜひコメント残していってください。近況とか聞きたいです
まれびと14623
おはよー
しまうま
14623さん、おはようございます!
まれびと16226
負の外部性の記事で、常体と敬体がごっちゃになっています。
しまうま
16226さん、ご指摘ありがとうございます。修正しました。
Customize
しまうま経済学研究所
タイトルとURLをコピーしました