マクロ経済学のミクロ的基礎づけ

経済学用語

 マクロ経済学のミクロ的基礎づけ(microfoundation)とは、家計の効用最大化・企業の利潤最大化といったミクロの行動から、国民所得・経済成長・景気などのマクロ現象を説明しようという議論である。

 1970年代以前の主流派経済学がシンプルな行動方程式に依存しており、「期待」といった変数を内生化できていなかったことに対する批判の結果うまれた。

  • ラムゼイ・モデル
  • 実物的景気循環モデル(RBCモデル)
  • 動学的一般均衡理論(DSGEモデル)