労働価値説

経済学用語

 労働価値説(labour theory of value)とは、労働によって価値が決定されるという理論である。

 古典派経済学やマルクス経済学が採用していた。