有効需要の原理

経済学用語

 有効需要とは貨幣的裏付けのある需要のこと。

 有効需要の原理とは、不況の際、国民所得は供給ではなく、需要が決めるという原理である。

 ケインズの『一般理論(1936年)』の重要なアイデアである。