在庫投資

経済学用語

 在庫投資(Inventory investment)とは、生産から販売を引いた在庫を企業の投資とみなす考えである。

 なぜ投資とみなせるか?

 それは、在庫不足によるビジネスチャンス喪失を防ぐという積極的な目的があるからである。

 したがって、「投資」とみなせる。

 ただ、これは生産要素の維持・拡大という本来の「経済学における投資」の意味とは異なるので注意。

 また、これはフローの概念であるので、マイナスの在庫投資がありえる。

 この原因には

  • 企業が在庫過多だと考える→減産して在庫切り崩し
  • 予想以上に販売が伸び→生産増やす前に在庫切れ

ということが考えられる。

 在庫投資の変動が、40ヶ月で一周する景気循環と関連していると考えるのは、キチンの波である。