パソコンで音声入力する方法/ え?ワード(Word)って神ですね

 「てれすこーぷ。」管理人のしまうまです。今回は、パソコン(Mac)で簡単に音声入力する方法について解説したいと思います 。※Windowsでも同じことができます。

 音声入力ができれば、Zoomをつけながら音声入力をすることで、自動的に議事録議や ノートが作れてしまいます。

 微修正を含めても今までのだいたい1/3ぐらいの時間でメモを取ることができますから、仕事や勉強がとても効率的になること間違いなしです。

1、使うアプリ

 さて、今回私が紹介するアプリケーションは、マイクロソフトの Word(ワード)です。

 ええ?

 と思われた方もいらっしゃると思います 。

 しかし、最新版のWordでは、実は音声入力をすることができます 。

 多くの方々は音声入力をした後にWordに移し替えて編集すると思います。特にPDF化したい場合は、そうですよね。Wordで音声入力と文書作成が完結するのは、とても便利です。

2、方法

 方法は簡単です 。

 まずワードを起動します。そして上のバーにある「ホーム」 を押します

 すると右上の方に ディクテーション というボタンがあります。このボタンを押すと 音声入力開始されます。

3、注意点

動作しているかどうか

 ディクテーションの 部分が 赤く染まっているとき、音声入力が機能しています。

記録できなくなる現象

 ディクテーション機能は15秒ほど使っていないと、機能が停止してしまいます。また、他のページをみていた場合も、機能を停止します。

 ですので発言者がしばらく黙っている場合、その部分の記録がとれないということが起こりかねません。

 その際は、また、ディクテーションボタンを押す必要があります。

音声入力の精度

 しっかりとした文章を読み上げると音声入力の精度は高いですが、あまり使わない表現を多用していると誤字脱字はよく起こります。

 試しに『進撃の巨人』のあるセリフを音声入力してみました。結果が下です。

俺は巨人を1匹残らず駆逐して狭い壁の中からテル 

添削すると、こんななります。

俺は巨人を1匹残らず駆逐して狭い壁の中からテル でる!

 しっかりとした文章をはっきりと読み上げると、精度はこのくらいです。

句読点の扱い

  句読点については入力されませんので、自分で修正する必要があります。この部分が少し面倒臭いです。

 他の人の音声を書き出すのではなく、自分での文章を書く場合は、音声コマンドを使うことで入力することができます。

記号音声コマンド
読点(とうてん)
句点(くてん)
 
 
改行(かいぎょう)
括弧(かっこ)
括弧閉じ(かっことじ)

4、おわりに

 注意点を踏まえると、ミーティングや授業で 全く聞かないで ワードのディクテーション機能に全てをお任せするというのは 危険です。

 しかしこの点に注意すれば 非常に便利ですのでぜひ使ってみることをオススメします 。

タイトルとURLをコピーしました