1講:R言語をインストールしてR Studioのセットアップをするには?

 しまうまのRでデータ分析入門【全6講】では、統計解析用のプログラミング言語Rで重回帰分析を行い、R MarkdownでPDF化するまでを解説します。

 1講はRのインストールとセットアップについてです。

1. RとRStudioのインストール

 Rのインストールは多くの人が苦戦します。しまうまは、Mac版しかわかりません。Windowsユーザーの人には外部の資料をご紹介します。終わった人は「2. RStudioの起動」に進んでください。

(1)Macユーザー

  1. Rのダウンロードページ[https://cran.ism.ac.jp]に行く
  2. Mac用の[Download R for macOS]をクリック
  3. 一番上の「R-◯◯◯.pkg」をクリック
  4. 「R-◯◯◯.pkg」をクリックして、Rをインストール
  5. Macの人は「XQuartz」も必ずダウンロード
  6. RStudioのダウンロードページ[https://www.rstudio.com/products/rstudio/download/#download]に行く
  7. 青いボタン[DOWNLOAD RSTUDIO FOR MAC]をクリックして、RStudioをインストール

 わからないことがあれば、詳しい外部サイトの資料[RとRStudio の インストールと初期設定 macOS編 矢内 勇生]を見てください。

(2)Windowsユーザー

 しまうまはWindowsでRを使っていないのでよくわかりません。そして、RをWindowsで使う際は問題が起きやすいと聞きます。外部サイトの資料[RとRStudio の インストールと初期設定 Windows編 矢内 勇生]を見てください。

(3)インストールしないという選択肢

 ウェブページ上でRを使うという手もあります。RStudio Cloudに登録してみましょう。

  1. 「GET STARTED FOR FREE」をクリック
  2. 「Cloud Free」にある「Sign Up」をクリック
  3. メールアドレス、パスワード、名前を入力して登録する

2. RStudioの起動

 インストールができましたら、RStudioを起動しましょう。今後、すべての操作は「作業台」であるRStudioを用います。↓

画像1:RとRStudio

 RStudioを起動すると、最初は次のようになっています。窓が左に1つ、右に2つあります。↓

画像2:インストール直後のR

 次に、左上の「+」と「白紙」のマークをクリックして、「R Script」をクリックしてください。↓

画像3:R Scriptをクリック

 すると、次のように窓が4つになります。コードは左上の「R Script」に書きます↓

画像4:左上にR Scriptが出現

 ここまでできれば、8割終わったも同然です!

3. 作業ディレクトリの設定

 作業ディレクトリを設定します。作業ディレクトリは、コードや分析用のデータを保存するために使います。

 次の順番でセットアップしましょう。

  1. 左上の「+」と「R」のマークをクリック
  2. 一番上の「New Directory」をクリック
  3. 一番上の「New Project」をクリック
  4. 「Directory name」には、お好みのお名前を。特にこだわりのない人は「Hello_R」にしましょう。
  5. 「Create project as subdirectory of」には、お好みのフォルダを。特にこだわりのない人は「Browse」をクリックして「Desktop」を選びましょう。↓
画像5:プロジェクトの作成

 すると、デスクトップに「Hello_R」というフォルダが現れます。この作業ディレクトリに、コードやデータを入れて作業します。

 ここまでできれば、あともう少しです。

4. プログラムの実行

 試しにプログラムを実行しましょう。左上の窓に、次のコードを打ち込んでください。

# 1+1の足し算の計算↓
1 + 1

#【重要】「#」の後には、コメントを打ち込めます。コメントはプログラムとして動作しません。自分が後でコードを読む際に役立ちます。コメントに日本語を打ち込むのはOKです。

 そして、Windowsなら「ctrl」+「Enter」、Macなら「command」+「Enter」の同時押しをしてください。すると、「2」が左下に出力されます。↓

画像6:プログラムの実行

5. スクリプトの保存

 次に、Rスクリプトを保存します。Windowsなら「ctrl」+「S」、Macなら「command」+「S」の同時押しをしてください。

 ファイルに名前をつけるように言われますので、お好みの名前をつけてください。特にこだわりのない人は「The First R」にしましょう。

 ここまでできれば、もう終わったみたいなものです。あと少しだけお付き合いください。

6. パッケージ

 次に、パッケージについて説明します。パッケージを、次のコードでインストールします。これは同じパソコンで1回やればいいです。今回は高頻度で使う「ggplot2」をインストールしましょう。

 #インストール・・・各PCで1回やればOK
install.packages("パッケージ名")

#tidyverseのインストール
install.packages("ggplot2")

 これだけでは、パッケージは使えません。パッケージを、次のコードで呼び出します。これはRStudio起動のたびに行います。「gglot2」を呼び出してみます。

#起動・・・RStudio起動のたびに行う。""はいらない
library(パッケージ名)

#tidyverseの呼び出し
library(ggplot2)

7. 分析するデータの用意

 最後は分析するデータの用意です。

 Rの練習用データを呼び出す場合と、ご自身のデータを利用する場合が考えられると思います。

(1)Rの練習用データ

 Rの練習用データを使いたいのでしたら、データセット・パッケージ「wooldridge」がおすすめです。計量経済学の練習用データを読み込めます。『しまうま総研』では、このパッケージを使っています。これは別記事で解説します。

(2)ご自身のデータ

 ご自身のデータを利用するのでしたら、データをRに読み込む必要があります。これについては別記事で解説します。

8. さいごに

 ここまでお疲れ様でした。これであなたもRユーザーです!

 次回は「2講:Rの練習用データ(wooldridge)を手に入れる

コメント欄 お気軽にコメントをお寄せください!

タイトルとURLをコピーしました