統計的推測について / 統計学

 統計的推測では、見えている標本(sample)の裏には見えない母集団(population)があると考える。そして、この母集団を数値化したものがパラメーター(母数、parameter)だ。

 統計学者は、標本(sample)からなんとかして母数(parameter)を逆算しようとする。その方法が推定量(estimator)だ。推定量(estimator)は計算方法だ。その計算結果が推定値(estimate)である。例えば、変数Xの期待値は、最も代表的なパラメーターだ。そして、平均は、最も代表的な推定量になる。

 母集団は1つだからパラメーターは1つだが、あり得る標本は無数にあるので推定量は分散を持つ。そのために、標準誤差仮説検定、信頼区間といった単語が統計的推論では必要になってくる。

統計学
しまうま

しまうま総研管理人
 
【ブログ】
・テーマは経済学・データ分析。
・コンセプトはよりよい社会のための思考法。
・ポリシーは3段落で簡潔明瞭。

しまうまをフォローする
しまうま総研